2024年07月21日( 日 )

【統一地方選2023】福岡県議選(北九州市八幡西区)松尾統章元議長が7期目の当選確実

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

    9日投開票の福岡県議選(北九州市八幡西区選挙区)において、自民党現職の松尾統章氏(50歳)の7期目当選が確実となった。

 松尾氏は「八幡西区では自民党県議が私一人となり、その責任の重さを改めて感じています。任期中に福岡の東側を元気にすることが私の目標です。今後も皆様の支持に応えられるよう、感謝と決意を胸に努力いたします」と7期目への決意を語った。

 松尾氏は、1973年生まれ、北九州市出身。県立北筑高校、第一経済大学卒業。99年、福岡県議会議員に初当選。2013年5月から14年5月まで、議長を務めた。現在、自民党福岡県支部連合会幹事長を務める。

 今回の北九州市八幡西区選挙区では定数3に対して現職3名、元職1名の計4名が立候補していた。

【児玉 崇】

関連記事