2024年06月23日( 日 )

【統一地方選2023】福岡県議選(古賀市)吉田けんいちろう氏が2期目当選確実

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 9日投開票の福岡県議選(古賀市選挙区)において、自由民主党現職で立候補した吉田けんいちろう氏(50歳)の2期目当選が確実となった。

    吉田氏は集まった支持者らを前に、「古賀市はこれから、さらにスピードを上げて変わっていきます。同時多発的な開発がどんどん進んでいきますが、そのすべてに田辺(一城)市長とともに関わってまちづくりを進め、地元のために県政でしっかりと頑張ります」と2期目への決意を語った。

  吉田氏は、1973年1月古賀市生まれ。96年に福岡大学経済学部を卒業後、政治家秘書、サラリーマン、自営業、自民党粕屋支部副支部長などを経て、2019年に福岡県議会議員に初当選。21年からは自民党古賀市支部支部長も務める。県議としての1期目4年間では、地元古賀市の田辺一城市長と強力なタッグを組み、二人三脚で地元の声を県政に届けることに注力してきた。

 今回の古賀市選挙区では定数1に対して、現職1名、新人1名の計2名が立候補していた。 

【坂田 憲治】

関連記事