2024年04月16日( 火 )

有明海における覆砂工事、松山・サカヒラ特定JVなどが落札

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 福岡県発注の「覆砂工事210(11)第1工区」を、松山・サカヒラ特定JVが1億3,436万5,000円(税別)で落札した。工事の概要は、工事長L=397m、幅W=123m、覆砂工A=48,770m2などで、工期は9月8日までを予定している。なお、同工事を含む、そのほかの覆砂(ふくさ)工事の落札概要は下表の通り。

有明海における覆砂工事、松山・サカヒラ特定JVなどが落札

 県は漁業不振が続く有明海の再生を目指し、大牟田市、柳川市沖に海砂をまく「福岡有明海地区水域環境保全創造(覆砂)工事」事業を2001年度から毎年実施している。

【代 源太朗】

法人名

関連キーワード

関連記事