• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月16日 14:13

体感する「軍艦島」が長崎市松が枝町に上陸!~9月17日開館

デジタルコンテンツで「軍艦島」を再現

大型壁面マッピング「軍艦島シンフォニー」<

大型壁面マッピング「軍艦島シンフォニー」

 世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産として、見学者がひっきりなしに訪れている通称「軍艦島」こと長崎市端島。上陸見学ツアーは年末まで予約が入っており、海底炭鉱の島の今の姿を実際に見学することは難しい。そのようななか、最新デジタル技術を駆使し、在りし日の「軍艦島」を体感できる施設「軍艦島デジタルミュージアム」が9月17日にオープンする。

 「軍艦島デジタルミュージアム」を着想し、昨年末から計画を進めてきたのは、軍艦島上陸見学ツアーを行う(株)軍艦島コンシェルジュのマネージャー・久遠裕子氏。福岡市でデジタルコンテンツ業務を行う(株)ZERO—TEN(榎本二郎 代表取締役CEO)に総合プロデュースを委託した。榎本氏によると、これまでに久遠氏が元島民の協力を得て収集した端島の写真や動画といった貴重な素材を生かすため、あらためてゼロから取材を行っていったという。

 館内に設けられたコンテンツで再現されるのは廃墟の島ではなく、人が暮らしていた時代の活気あふれる島だ。昭和30年代の家電ブームに先駆けて電化が進んでいた端島の暮らしを再現した「65号棟の暮らし」。つづく「採炭現場への道」では、秒速8mで地下606.0mまで昇降機で降下、トロッコで海底炭鉱を移動するなど、デジタル映像によって採炭現場までの道を擬似体験することができる。大型壁面マッピング「軍艦島シンフォニー」では、全長約30mのスクリーンに、3,000枚以上の写真、動画資料をもとに当時の空気感を再現し、映し出される。運動会や島の祭りなどの貴重な動画と連動し、島の人々の活気をジオラマに再現する「シマノリズム」は、見ていて飽きない楽しさがある。

ジオラマとデジタル映像で島の暮らしを再現<

ジオラマとデジタル映像で島の暮らしを再現

 館内に展示される石炭による水墨画の「軍艦島」を描いた日本画家・絹谷香菜子氏は、「軍艦島には透き通ったイメージがある。清々しく、気が回っている」と語る。現在に残るさまざまな時代の端島の姿を参考にして描かれた絵は、見方によって時代(印象)が変わる不思議な作品。この絵と同様に、「軍艦島デジタルミュージアム」が再現する「軍艦島」は、当時を知る世代にはノスタルジーを、若い世代には、むしろ新鮮味のあるエネルギッシュな雰囲気を感じさせてくれるのではないだろうか。

 「軍艦島デジタルミュージアム」の場所は、「軍艦島」と同じく「明治日本の産業革命遺産」の構成資産であるグラバー邸へと続く、グラバー通り入り口の近く。付近には、来年に世界遺産登録を目指す、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の構成資産である国宝・大浦天主堂や、ちゃんぽん発祥の店である「四海楼」などがある長崎市内有数の観光スポット。徒歩3分の常盤ターミナルからは、軍艦島コンシェルジュの上陸ツアー船が発着している。デジタル技術で蘇った「軍艦島」の登場によって、同地区が世界遺産の一大観光地となることも期待される。

【山下 康太】

■INFORMATION
軍艦島デジタルミュージアム
所在地:長崎市松が枝町5-6
TEL:092-895-5000
FAX:095-895-5005
URL:http://gdm.nagasaki.jp

開館時間:午前9時~午後8時
入場料:一般1,800円(1,500円)、中高生1,300円(1,000円)、小学生800円(600円)、幼児(3~6歳)500円(300円)※括弧内は団体料金。

 
キーワードタグ:長崎  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月17日 08:00

モダンプロジェが大名に本社移転

 モダンパラッツォシリーズの賃貸マンション企画会社・モダンプロジェが17日、本社を移転した。新本社は今年2月に完成していた「モダンパラッツォ大名」の10階。2階はテナ...

2019年08月17日 07:30

寝室が変われば人生が変わる 健康住宅専門店、早稲田ハウス

 「睡眠負債」という言葉がある。毎日の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響をおよぼすおそれのある状態だ。これを放っておくと、肥満や2型糖尿病などの代謝疾患の...

2019年08月17日 07:10

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(前)

 東京、ニューヨーク、サンフランシスコが世界3大港湾都市圏とされている。中国は今、これらを凌駕する世界一の港湾エリアを建設している。香港、マカオ、そして深圳などを含む...

2019年08月17日 07:05

LINE、ANA、福岡市が共同で「ドローンで産地直送」の実証実験

 バーベキュー会場から、LINEでアワビやサザエを注文すると、玄界島から産地直送の新鮮食材がドローンで届ける実証実験が8月1日に福岡市西区で行われた。実証実験は、LI...

2019年08月17日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(前)

 日銀のマイナス金利政策が3年以上続く中、金融機関は依然として厳しい経営環境にある。しかも、少子高齢化が進展する日本では、国内産業全体の大きな発展は今後も望むべくもな...

2019年08月16日 08:00

【企業研究】老舗百貨店の矜持と覚悟

 創業84年の(株)井筒屋。これまで北九州・小倉を拠点に福岡・大分・山口において店舗展開を行い、九州地場百貨店の代表格としての地位を有していたが、時流とともに栄枯盛衰...

2019年08月16日 07:30

田舎がアニメに「出る」理由~地方の疲弊とアニメ会社の収益改革

 7月28日、所用で唐津に行くと、駅の改札のすぐ近くで「ゾンビ」に遭遇した。といっても、本物ではない。アニメ「ゾンビランドサガ」のキャラクターに扮した同作のファン、い...

2019年08月16日 07:06

“未完成”をメリットに進化を続ける機能性表示食品制度!~4度におよぶアクティブな改正で制度自体が業界をけん引!

 健康食品業界を大きく変えたといわれる「新たに機能性表示を可能とする仕組みの整備」が2013年6月14日に閣議決定されてから、早いもので6年の月日が流れたことになる。...

2019年08月16日 07:05

中小企業の現場で実現できるのか 働き方改革の課題とこれからの展望(後)

 働き方改革の時代は、働き方が異なる人がお互いに力を合わせて仕事するパッチワーク型、モザイク型のチームワークになると予想している。バリバリ働く人だけでなく、介護や育児...

2019年08月16日 07:00

『盛和塾』稲盛塾長、最後の講演(10)

 京都の地から始まり、全世界に広がった盛和塾という組織そのものは、本年12月をもって幕を閉じることになります。しかし、これからもフィロソフィを学び続けると同時に、その...

pagetop