2024年07月13日( 土 )

【福岡県】「福岡未来づくり住宅」による省エネ住宅を普及する事業者提案を募集

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 福岡県は2日、「福岡未来づくり住宅」の供給を行う住宅事業者と電力販売契約(PPA)事業者による省エネ住宅の普及に向けた共同提案の募集を開始した。国が進める「2050年カーボンニュートラル」を実現するための取り組み。9月4日まで応募を受け付ける。

 「福岡未来づくり住宅」は、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)基準を超える省エネ性能を有し、PPAにより太陽光発電設備を導入した住宅と位置づけられている。

 募集するのは、1団地(10戸以上)において「福岡未来づくり住宅」を3戸以上整備し、その住宅の居住者に対して省エネ効果などの調査が可能で、普及啓発に有効な検証方法を示した提案としている。

 採択された事業者は、県の補助金を活用しながら提案に基づいた事業を実施。調査を行うなど、省エネ住宅の普及に有効な方法を検証する。県は結果を公表することで県民の意識を高め、省エネ住宅の普及を促進する。なお、補助金については【表】の通りとなっている。

【表】

 提出方法は、応募様式をダウンロードし、必要事項を記入したうえで郵送もしくは持参する。協定締結事業者の決定および採択通知は9月下旬に、省エネルギー住宅の普及に関する協定の締結は10月頃に、それぞれ行われる予定。

 募集要領・様式・補助金交付要綱などは、福岡県のホームページ(「福岡未来づくり住宅」の供給により省エネ住宅を普及促進する事業者の提案を募集します)から取得できる。

【田中 直輝】

法人名

関連キーワード

関連記事