• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月19日 07:07

エミ・マイヤー in nakasu Jazz~ジャズを応援する人々の笑顔が美しい

nakasu 「中洲にはJAZZが似合う」という想いから2009年に生まれたnakasu Jazz。今年で7回目を迎えた同イベントは9月11日、12日、両日にわたって行われ、好評のうちに幕を閉じた。
 10カ所、90ステージのそれぞれで全国から集まったジャズ・アーティストが熱演、熱唱。中洲界隈が感動と興奮のるつぼと化したなかで、NETIBニュースでは、縁あって13日、キャナルシティ博多presents サンプラザステージで行われた、エミ・マイヤーさんのステージを紹介する機会を得た。

 エミ・マイヤーさんは日本人の母親とアメリカ人の父親の間に京都で生まれアメリカで育ち、今もアメリカを拠点に活動するシンガー・ソングライター。その暖かなスモーキー・ボイスは、日本でも、トヨタ・プリウスをはじめとする数々のCMソングや映画「ビリ・ギャル」の挿入歌などで幅広く知られている。今秋、ジャズ・スタンダードをテーマに取り上げた新作「モノクローム」をリリースしたばかり。そのなかから、nakasu Jazzで初めてライブ披露した曲もあった。

funsui emi2

 12日夜のステージはあいにくの雨模様。しかし白地に黒のシックな衣装に身を包んだエミさんは、笑顔で登場。第1曲目「Fly Me to the Moon」を披露した後、「福岡に来たのは4、5回目ですが、はじめてのnakasu Jazzで、キャナルシティもはじめてなら、雨の中で歌うのも、はじめて。初体験だらけになりました」と朗らかに観衆に語り掛けた。開演直前にステージのバックでキャナルシティ名物の噴水ショーが行われ、「噴水を観てすっかり観光気分になりました。これから(ステージのモードを)取り戻します。とっても楽しいです」と無邪気に微笑む姿に、観客は一気に引き込まれた。

 第2曲目「Smile」、第3曲目「Moon River」と続くころには雨脚が強くなってきたが、「これぐらい大丈夫!(実家がある)シアトルでは年中雨が降っていますが、皆、傘なしで歩いています」と元気に語り、観る者の心をシアトルの街角に居るような気持ちにさせてくれた。世界各地で活動するエミさんは、第4曲目「Home」では「歌詞の内容がパリなので、パリで録音することになったとき、収録曲に選びました。とても好きな曲です」、第5曲目「Room Blue」では「ベネチアで書いた曲です。思い出を、ベネチアの川を泳いでいる魚に例えて、このまま掴んでいつまでも心に留めておきたい、という歌詞にしました」と、1曲1曲に込められた世界各都市の思い出を紹介した。

emi 第6曲目の「New York 」も、アメリカの西海岸と東海岸を代表するロサンジェルスとニューヨークを比べ、それぞれの魅力を語った曲。「ロスは広くて車文化だから、ニューヨークほど人とぶつかりあって意見を交わすことはありません。でも、人と人とがぶつかり合うニューヨークのこと、私はキライじゃない。そこから新し出会いが生まれる、という感じがするんです」(エミさん)。そんなエミさんが生まれ故郷の日本語で歌う第7曲目「君に伝えたい」は、人を本当に大事に想う気持ちの素晴らしさを率直に伝えてくれる歌だ。

 エミさんが、ジャズへの想いを語ったのは、第8曲目「What a wonderful world」を歌う前だった。通常、エミさんは歌詞とメロディを書き、自分で歌う。ピアノの修練を積んでいるので、人からジャズとのつながりの深さについて語られることが多かったが、ジャズを良く知るエミさんだけに、自分の曲をジャズと重ねられることに違和感を覚えてきたそうだ。だが、最近はジャズの歴史やスタンダードの魅力に感動し、時代を経て受け継がれてきた歌をうたうことでパワーをもらっているという。「少し大人になったのかな?今のタイミングでジャズ・スタンダードを歌えるのが嬉しい」とエミさん。そして「皆さんが中洲ジャズのイベントを応援しているのステージ前に観て、感動しました」とステージを囲む観客たちを見渡して満面の笑みを見せた。
最後の曲となった「On The Road 」ではキャナルステージを階上から見守る観客たちに向かって、「2階からも、3階からも観てくださっているんですね。ライブハウスとは違って、皆さんの顔がひとりひとり見えるところが素晴らしい。皆さん、笑顔です。美しいです」と両手を広げて、感謝と感動を表現した。

emi3 「音楽を奏でる人たちと、観る人たちが、至近距離でお互いの顔を見つめ合いながら、音楽によって笑顔を分かち合える」それがnakasu Jazzの魅力であり、これからも愛され続ける力となっていくことだろう。nakasu Jazz最終日の、キャナルシティステージの最後を飾ったエミさんのその言葉は、nakasu Jazzの魅力をそのまま表現してくれた形になった。

【エミ・マイヤーさんから一言】
 福岡には何度か来ていますが、以前出会った子どもたちが、成長した姿で会いに来てくれたのを見て、時を積み重ねていくことの素晴らしさを感じました。nakasu Jazz、またぜひ参加したいですね。皆さん、どうもありがとうございました。

<ARTIST INFORMATION>
エミ・マイヤー Emi Meyer
アメリカを拠点に活動するシンガー・ソングライター。日本人の母親とアメリカ人の父親の間に京都で生まれ、1才になる前にシアトルに移住。

07年 シアトル―神戸ジャズ・ボーカリスト・コンペティションで優勝。その後、Jazztronik、Joe Henry、Yael Naimなど国内外の著名アーティストと共演を重ね、フジロックなど各地の大型フェスにも出演。
09年 デビューアルバム 『キュリアス・クリーチャー』リリース。
12年リリースの『LOL』の収録曲「オン・ザ・ロード」が、プリウスのCMで使用されスマッシュヒット。その他、ダノンビオ、三菱UFJモルガン・スタンレー証券などのCMソング、映画「ビリギャル」にも3曲提供。
15年9月、ジャズ・スタンダードをテーマに新作『モノクローム』をリリース。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月16日 16:36

「人口減」の先に待ち受ける、激変時代(1)~企業の命運は朽ちるのか、あるいはいかに発展させるのかNEW!

 「言葉のあや」ではない。まさしく激変時代に突入した。油断すれば淘汰される、いや消滅するのである。まずは地球環境の激変。地球温暖化傾向が加速することは間違いない。今年...

2019年07月16日 16:06

【7/18、19】第12回キミヱコーポレーションカップ本戦開催NEW!

 18日と19日の2日間、麻生飯塚ゴルフ倶楽部で「キミヱコーポレーションカップ2019」本戦が開催される。6月13日と14日には、プロ予選会およびアマチュア予選会が開...

投票率引き上げで50兆円増税を阻止しようNEW!

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は「必ず選挙に参加し、安倍政治NOの意思を表明しよう」と有権者に訴えた...

2019年07月16日 15:34

「平成挽歌―いち編集者の懺悔録」(11)NEW!

 7月9日、ジャニーズ王国を一代で築いたジャニー喜多川が亡くなった。享年87。翌日のスポーツ紙は全紙、一面全部を使って賛辞を贈り、彼の死を悼んだ。同じ日の朝日新聞も一...

2019年07月16日 14:08

なぜグランドメゾンは福岡で圧倒的ブランドなのか(前)NEW!

 埋め立てでは百道浜やアイランドシティ、再開発では旧大名小跡地と、福岡市の重要なプロジェクトには必ずといっていいほど積水ハウス(株)がまちづくりに関わってきた。

2019年07月16日 14:02

【訃報】松本組の平島義和専務が死去NEW!

 松本組の専務取締役・平島義和氏が15日に死去した。享年63歳。

2019年07月16日 13:58

「日本経済の現状と今後について」ぐっちーさんが久留米で講演NEW!

 7月9日、国内外で企業を経営し、投資銀行家でもある「ぐっちーさん」こと山口正洋氏が、久留米市六ツ門町の総合文化施設「久留米シティプラザ」で講演を行った。筑後中小企業...

2019年07月16日 12:00

安穏とした新天町は“茹でガエル”になっていないか!?NEW!

 カエルを熱いお湯に入れると、驚いて飛び跳ねて逃げてしまうが、常温の水に入れて徐々に熱していけば、気づかずに茹で上がってしまうという。俗にいう「茹でガエル理論」だが、...

2019年07月16日 11:42

博多祇園山笠、追い山大いに賑わうNEW!

 福岡・博多の初夏の風物詩である博多祇園山笠が15日早朝、フィナーレとなる「追い山」を迎えた。

2019年07月16日 07:00

鳥栖市の農地法違反問題 協議丸2年続くも是正メド立たず(後)

 問題が起きてしまった以上、その原因究明や対策について検討していくことは当然だが、何よりも優先すべきは、この違法状態をどうやって正常に戻していくかである。第三者委員会...

pagetop