2024年06月26日( 水 )

投資ファンドのインテグラルが上場承認

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 17日、PEファンド運営のインテグラル(東京都千代田区、山本礼二郎代表)が、東証より上場を承認された。

 現在、同社が運営するファンドには、スカイマーク(東証グロース)などへ投資する2号ファンド(出資約束金額442億円)、ダイレクトマーケティングミックス(東証プライム)などへ投資する3号ファンド(同730億円)、シノケングループ(福岡市)などへ投資する4号ファンド(同1,238億円)などがある。

 東証の市場区分はグロース、上場日は9月20日を予定しており、520万株の公募と230万株の売出(OA含む)を実施する調達資金の使途は、GP出資、プリンシパル投資、i-Bridgeによるブリッジ・ファイナンス資金として各々充当する方針。

 2022年12月期の収益は54億3,537万円(前年同期比40.7%増)、営業利益は30億円(同69.7%増)、税引前利益は29億1,337万円(同73.3%増)、当期利益は20億2,133万円(同72.3%増)を計上していた。

▼関連リンク
シノケンがMBOで非公開化へ、篠原社長の将来ビジョンとは

【永上 隼人】

関連記事