2024年05月26日( 日 )

配信者やプロゲーマーの需要を満たすゲーミングマンション

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ
ゲーム試遊エリアを備える出展ブース
ゲーム試遊エリアを備える出展ブース

    マンションデベロッパーの(株)リブラン(東京都板橋区、渡邊裕介代表)は、24時間ゲーム実況や動画配信が可能なゲーミングマンション「ミュージションplus」(以下、ミュージションプラス)を、現在幕張メッセで開催中(24日(日)まで)の「東京ゲームショウ2023」に出展している。

 リブランでは、20年以上にわたって優れた防音・遮音性能の追求を続けており、そのなかで24時間楽器演奏を可能にした防音賃貸マンション「ミュージション」を市場に送り出している。

 東京ゲームショウ2023で展示されているミュージションプラスは、既存のミュージションに配信者やプロゲーマーが求める以下の6つの機能をプラスしたものであり、ゲーミングマンションの名前に相応しい住まいと言えよう。

1.最大10Gbpsの高速で安定した
  通信環境「NTTフレッツ光クロスプラン」を
  全戸に設置
2.天井の「ダクトレール」により、
  照明配置・電源確保のカスタマイズ性を向上
3.常にキレイな空気を保つ強力な「換気性能」
4.グリーンバックなどお好みの配信背景が
  設置可能な「ピクチャーレール」
5.来客を光の点滅で知らせる
  「フラッシュライト」
6.ハイスペックPCや海外製機材にも対応した
  「200V電源」

ミュージションプラスイメージ
ミュージションプラスイメージ

 記念すべき1棟目となったミュージションプラス浅草(22年11月竣工)が満室となり、確かな手応えをえた同社は、現在2棟目となるミュージションプラス世田谷経堂を建設中。小田急線・経堂駅まで徒歩12分程度の好立地だ。

 ゲームは遊戯の域を超え、eスポーツとして世界的に市場規模が拡大しており、ゲーム実況などを行う配信者やプロゲーマーも相応数いる。彼らが住まいに求める環境を満たしたゲーミングマンションは、新たな潮流を生み出すことができるのか、注目される。

【代 源太朗】

関連記事