• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月01日 10:45

日本経済環境急変で安倍政権がバラマキ策再演 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NETIBでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。本日は、日本経済の頼みの綱である円安傾向に変調が生じていることを指摘し、日本経済失速リスクが再び浮上する可能性を警告する、9月30日のブログを紹介する。(編集部より:時制についてはブログ発表時のまま)

 8月の鉱工業生産統計が発表された。
 生産指数が2ヵ月連続の低下を示した。より重要な変化は在庫率である。季節調整済指数で、8月の鉱工業製品在庫率指数が119.1に跳ね上がった。2011年5月以来、4年半ぶりの高水準を記録したのである。
 2011年5月というのは、あの東日本大震災の直後である。
 最終需要が一気に冷え込んで出荷が落ち込み、売れ残りが大量発生した。このときに記録した在庫率指数が120.3。これ以来の高水準を記録したのである。
 そして、明日10月1日に日銀短観9月調査結果が公表される。
 『金利・為替・株価特報』に記述したように、この短観調査結果は要注目である。
 日本経済を取り巻く環境が激変しているのだ。2012年11月から本年6月までは、経済全体の推移は比較的順調だった。
 日経平均株価は8,600円の水準から20,800円の水準にまで上昇した。
 企業の利益が増えると、滴り落ちる利益のおかげで労働者の所得も増えるという「トリクルダウン」効果が現れるというのは、根も葉もないガセネタだったが、企業利益だけは増大した。
 背景には円安の進展があった。円安で輸出製造業の利益が急増し、これが企業間でトリクルダウンした。
 企業の利益は増えて株価は上がった。しかし、労働者への分配はほとんど増えなかった。
 他方で格差は拡大する一方であった。したがって、大多数の一般庶民に景気回復の恩恵はほとんど回っていない。
 これが2012年11月以来の日本経済である。ところが、頼みの綱の円安傾向に変調が生じているのである。

 大きな転換点になったのは、8月11日の中国による人民元切下げ措置だった。『金利・為替・株価特報』では8月11日執筆の8月17日号で、株式市場について、「警戒警報」を発令した。
 「為替市場に、投機的な資本移動が大規模に発生するリスクが高まる。通貨が下落する余地のある国が投機のターゲットとされて、大規模な資本逃避=株価急落の連鎖が生まれる危険がある。グローバルな金融市場の連鎖に当面は最大の警戒を払う必要がある。」
 と記述した。
 これ以降、「警戒警報」を発令したままの状況が続いているが、日本経済を取り巻く環境に重大な変化が生じている点についての洞察が重要になっている。

 三つの重大な問題を指摘できる。

第一は、円安傾向に重大な変化が生じていること。
第二に、世界第二位の経済規模を誇る中国経済が急減速している可能性が浮上していること。
第三は、このなかで安倍政権が消費税再増税の計画を捨てていないことだ。

 『金利・為替・株価特報』に詳述したが、為替市場では重大な変化が進行中である。
 「円安傾向持続」の見方が一般的であるが、現実は違う。企業収益の拡大は、円安傾向持続に連動するものだった。
 為替市場での円安基調に変調が生じることは、日本企業の収益環境に激変が生じることを意味する。
 明日発表の日銀短観における製造業業況判断利の現状と先行き見通しの変化に最大の注視が必要だ。
 中国経済が急減速しているなら、その影響も軽視できない。そして、極めつけは日本の巨大増税計画だ。

 消費税率10%は最終的に断念せざるを得ない。しかし、断念するまでは、強い警戒感が残存する。
 日本経済再失速リスクの浮上を十分に警戒しなければならない局面だ。

※続きはメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第1257号「日本経済環境急変で安倍政権がバラマキ策再演」で。


▼関連リンク

・植草一秀の『知られざる真実』

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月19日 18:24

【D・プリンセス号乗客インタビュー】我々は孤独ではない

 「乗員には何ら不満はない」明日20日に下船を見込むダイヤモンド・プリンセス号の70代の男性乗客は、船会社の対応に理解を示す。むしろ「自分も大変なはずなのに非常時にす...

2020年02月19日 16:59

重要事項説明書を誤って記載~東京都の宅建業者に業務停止処分

 東京都は2月18日、宅建業者2社に対し業務停止処分を下した。業務停止処分を受けたのは、(株)サンアーク(東京都中野区、谷本鉄夫代表)、(株)Next Futures...

2020年02月19日 16:41

【上位3社以外から初】電事連次期会長に九電・池辺和弘社長が内定

 電気事業連合会(電事連)の次期会長に、九州電力の池辺和弘社長が内定した。 電事連は電力大手で構成される団体で、全国10社が加盟。会長職はこれまで東京電力、関西電力...

2020年02月19日 16:33

レギュラーガソリン、全国平均価格148.5円~4週連続の値下がり・福岡は149.5円

 資源エネルギー庁が2月19日に発表した石油製品小売市況調査によると、2月17日時点でのレギュラーガソリン1Lあたりの全国平均価格は148.5円で、前週から1.5円値...

2020年02月19日 16:11

専任の監理技術者を配置せず~千葉県館山市の建設会社に指名停止措置

 国土交通省関東地方整備局は2月17日、(株)田辺工務店(千葉県館山市)に対し、1カ月間の指名停止措置を下した。

2020年02月19日 15:00

インターネット時代における言論人の使命・責任とは何か!(1)

 2月3日(月)から5日(水)まで「ワールド サミット 2020」(国連UPF主催)が、韓国・京畿道高陽市にある国際展示場「KINTEX」で開催された。中国・武漢で発...

2020年02月19日 14:42

久留米市の医師、酒気帯び運転で逮捕

 福岡県警は2月16日、道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで、福岡県久留米市に住む医師・浅倉敏明容疑者(59)を逮捕した。

2020年02月19日 14:40

東京都の貸金業者に行政処分

 東京都は2月18日、都内の貸金業者2社に対し行政処分を下した。処分を受けたのは、センター(東京都多摩市、呉明奉(松原明)代表)と東洋エース(東京都豊島区、宮島邦継代...

2020年02月19日 13:31

水俣市新庁舎建設工事、22.8億で西松JVが落札

 水俣市発注の「水俣市新庁舎建設工事(建築主体工事)」を、西松・松田・坂口特定JVが、22億8,400万円(税別)で落札した。

2020年02月19日 13:30

アベノミクスがもたらす「資本栄えて民滅ぶ」国の未来(2)

 今回の消費税増税に際しても、増税の影響は軽微であるとのキャンペーンが展開されたが、事実ではなかった。1997年、2014年の消費税増税時に同様のキャンペーンが展開さ...

pagetop