• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月01日 10:45

日本経済環境急変で安倍政権がバラマキ策再演 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NETIBでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。本日は、日本経済の頼みの綱である円安傾向に変調が生じていることを指摘し、日本経済失速リスクが再び浮上する可能性を警告する、9月30日のブログを紹介する。(編集部より:時制についてはブログ発表時のまま)

 8月の鉱工業生産統計が発表された。
 生産指数が2ヵ月連続の低下を示した。より重要な変化は在庫率である。季節調整済指数で、8月の鉱工業製品在庫率指数が119.1に跳ね上がった。2011年5月以来、4年半ぶりの高水準を記録したのである。
 2011年5月というのは、あの東日本大震災の直後である。
 最終需要が一気に冷え込んで出荷が落ち込み、売れ残りが大量発生した。このときに記録した在庫率指数が120.3。これ以来の高水準を記録したのである。
 そして、明日10月1日に日銀短観9月調査結果が公表される。
 『金利・為替・株価特報』に記述したように、この短観調査結果は要注目である。
 日本経済を取り巻く環境が激変しているのだ。2012年11月から本年6月までは、経済全体の推移は比較的順調だった。
 日経平均株価は8,600円の水準から20,800円の水準にまで上昇した。
 企業の利益が増えると、滴り落ちる利益のおかげで労働者の所得も増えるという「トリクルダウン」効果が現れるというのは、根も葉もないガセネタだったが、企業利益だけは増大した。
 背景には円安の進展があった。円安で輸出製造業の利益が急増し、これが企業間でトリクルダウンした。
 企業の利益は増えて株価は上がった。しかし、労働者への分配はほとんど増えなかった。
 他方で格差は拡大する一方であった。したがって、大多数の一般庶民に景気回復の恩恵はほとんど回っていない。
 これが2012年11月以来の日本経済である。ところが、頼みの綱の円安傾向に変調が生じているのである。

 大きな転換点になったのは、8月11日の中国による人民元切下げ措置だった。『金利・為替・株価特報』では8月11日執筆の8月17日号で、株式市場について、「警戒警報」を発令した。
 「為替市場に、投機的な資本移動が大規模に発生するリスクが高まる。通貨が下落する余地のある国が投機のターゲットとされて、大規模な資本逃避=株価急落の連鎖が生まれる危険がある。グローバルな金融市場の連鎖に当面は最大の警戒を払う必要がある。」
 と記述した。
 これ以降、「警戒警報」を発令したままの状況が続いているが、日本経済を取り巻く環境に重大な変化が生じている点についての洞察が重要になっている。

 三つの重大な問題を指摘できる。

第一は、円安傾向に重大な変化が生じていること。
第二に、世界第二位の経済規模を誇る中国経済が急減速している可能性が浮上していること。
第三は、このなかで安倍政権が消費税再増税の計画を捨てていないことだ。

 『金利・為替・株価特報』に詳述したが、為替市場では重大な変化が進行中である。
 「円安傾向持続」の見方が一般的であるが、現実は違う。企業収益の拡大は、円安傾向持続に連動するものだった。
 為替市場での円安基調に変調が生じることは、日本企業の収益環境に激変が生じることを意味する。
 明日発表の日銀短観における製造業業況判断利の現状と先行き見通しの変化に最大の注視が必要だ。
 中国経済が急減速しているなら、その影響も軽視できない。そして、極めつけは日本の巨大増税計画だ。

 消費税率10%は最終的に断念せざるを得ない。しかし、断念するまでは、強い警戒感が残存する。
 日本経済再失速リスクの浮上を十分に警戒しなければならない局面だ。

※続きはメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第1257号「日本経済環境急変で安倍政権がバラマキ策再演」で。


▼関連リンク

・植草一秀の『知られざる真実』

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

2020年09月18日 17:00

コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至

 コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字に...

2020年09月18日 16:52

地銀の経営統合~「待ったなし」を検証する(後)

   【表1】を見ていただきたい。47都道府県の地銀の状況表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国47都道府県にある地銀は、第一地銀64行、第二...

2020年09月18日 16:45

新型コロナワクチンの開発に成功したと豪語するプーチン大統領と世界の反応(後)

 とはいうものの、「スプートニクV」に限っていえば、すでに触れたように、あまりにも少ない治験データであり、その効果の程は「神のみぞ知る」といったところかもしれない...

2020年09月18日 16:30

ユニバ裁判、創業者の控訴が棄却に

 パチンコ・スロットメーカー大手、(株)ユニバーサルエンターテインメントは、17日、同社の創業者で、元取締役会長・岡田和生氏との裁判において、岡田氏の控訴が棄却された...

2020年09月18日 16:18

歌舞伎町にSODの大型飲食ビル誕生

 "オトナ"の映像コンテンツ流通業大手、ソフト・オン・デマンド(株)と、ソフト・オン・デマンドグループで映像作品の企画・制作などを手がけるSODクリエイト(株)は、飲...

外国資本に日本売るスガノミクス

 「夜明け前が一番暗い」という。 「朝の来ない夜はない」ともいう。 日本は夜明け前の真っ暗闇に移行したようだ...

pagetop