2024年06月24日( 月 )

【動画】松野官房長官不信任決議案を朗読した稲富修二議員を直撃(2)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 12月12日、衆議院本会議で立憲民主党が提出した松野博一官房長官に対する不信任決議案の趣旨弁明を福岡に地盤を置く稲富修二議員(立憲民主党)が朗読した。自民党の安倍派を中心とした派閥パーティー券裏金疑惑をはじめとした政治とカネの問題に多くの国民が強い怒りを感じている。

 当社では、15日、稲富議員に緊急インタビューを行った。

 2009年の初当選以来の取り組みや、松下政経塾を卒業した松野前官房長官とは、政経塾の先輩後輩にあたるエピソードも紹介された。そのなかで稲富議員は、物価高に苦しむ国民生活への支援について「自民党政権は、業界団体への支援は手厚いが、直接支援が少ない」としたうえで、「それを変えるためには政権を取らないといけない」と政権奪還の強い意志を語った。詳しくは動画をご覧いただきたい。

【近藤 将勝】

政治・行政記者募集

 企業調査会社(株)データ・マックスが手がける経営情報誌『I・B』やニュースサイト「NetIB-News」は、信頼性の高い情報ソースとして多くの経営者にご活用いただいています。メディアとしてさまざまな情報を取り扱っており、国内外や地元福岡の政治動向に関する情報は経営者以外にも自治体組長や国会議員、地方議員などに幅広く読まれています。

 そこで、さらなる記事の質の向上を目的に、福岡の政治・行政、また中央政界の動向などをテーマにオリジナル記事を執筆いただける政治・行政記者を募集しております。

 記事の内容は、インタビュー、政局や選挙などを中心に扱います。詳しくは掲載実績をご参照ください。

 企画から取材、写真撮影、執筆までできる方を募集しております。また、こちらから内容をオーダーすることもございます。現在、業界に身を置いている方や行政取材に興味がある方なども大歓迎です。

 ご応募いただける場合は、こちら(hensyu@data-max.co.jp)まで。その際、あらかじめ執筆した記事を添付いただけるとスムーズです。不明点などがございましたらお気軽にお問い合わせください(返信にお時間いただく可能性がございます)。

(1)

関連記事