• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月07日 10:57

九州初、Airbnbホスト運営を代行(前)~airBest(株)・黒木透代表

 観光客向けに自宅の空き部屋をホテル代わりに貸出す個人宅宿泊(いわゆる民泊)が、Airbnbを元に急速な市場拡大が進んでいる。10月1日に設立されたairBest(株)では、Airbnbに理解のあるオーナーの物件を210戸確保。九州初となるホスト運営の代行業務を開始した。

Airbnbの代行業務を開始

airBest(株) 黒木 透 代表<

airBest(株) 黒木 透 代表

 airBest(株)は2015年10月1日をもって設立され、Airbnbの代行業務を開始する。代表は、Dipro(株)の社長を務める黒木透氏だ。この会社の設立に至るきっかけは、東京在住の黒木氏の子息が「こんな宿泊サービスがある」と、黒木氏にAirbnbについての連絡をしたことが始まり。黒木氏も当初は何気なく遠巻きに様子を見ていたらしいが、不動産を手がける会社の社長だけに、宿泊と不動産がリンクできる機会と思い事業を開始。1人で試験運用を行っていた。また、今年4月に黒木氏は渡米し、ロサンゼルスやラスベガスにある民泊を訪れ、取り巻く現状など勉強した。そして、この事業が軌道に乗ることを確信したうえで、満を持して同社を設立するに至った。
 その根底には、福岡地区においてもビルの空き室が目立ってきたことがある。家賃下落は入居者にとってはいいものの、オーナーの減収となっていることを皮膚感覚で感じていたのである。自身、約330棟の物件を手がけた実績があるものの、物件のオーナーに何とか収益に結び付くものがないかと思案していた。そこにAirbnbの情報が舞い込んできたのだ。

急増する海外からの観光客

 福岡県のコンサート・イベントは、15年1月から12月まで59回の予定があり、トータルで130日間にも上る。花火大会は7月11日から9月12日まで37回、ソフトバンクホークスの試合は70回、九州場所は15日間、福岡市の近郊の祭りと行事は年間102回あり、日数を計算すると相当数ある。

 有名な歌手やグループによるコンサートの際には、福岡市内のホテルがすべて満室になる現象もある。また、同市の経済観光文化局の資料によると、福岡空港・博多港から入国した外国人入国者数は、14年で前年比30%増の120万人。円安の影響から、韓国を筆頭に台湾や中国などのアジア圏から来福している。アジアへのゲートウェイとの位置づけを持つ博多港においても、近年、クルーズ船が大挙して押し寄せているのは周知の事実である。だが、Airbnbのシステムを大いに利用しているのは韓国人。中国人はホテルやクルーズ船の利用が多い。福岡~釜山間は高速船で約3時間しかかからないという地の利もある。

(つづく)
【道山 憲一】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:黒木 透
所在地:福岡市中央区薬院4-3-7
資本金:1,000万円
TEL:092-524-8600
URL:http://airbnb-best.com/
E-mail:airbnb@airbnb-best.com

 
関連キーワード:airBest  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop