• このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月07日 16:38

安保法案反対デモが残したものとは?(前)~福岡市で公開討論

 安保法案をめぐり、国会前や全国各地で「60年安保」以来と言える規模のデモが繰り広げられた。法案は成立したが、デモの参加者からは「参院選まで忘れない」「賛成議員を落選させよう」「民主主義は止まらない」といった声があがっていた。安保法案反対のデモは社会に何を生み出したのか。デモに参加した普通の学生や母親、学者らが福岡市でパネルディスカッションした(10月2日、「ふくおか緑の党」主催)。以下、パネリストの発言を紹介していく。

デモで政治は変わるか問題提起する土肥氏(左) <

デモで政治は変わるか問題提起する土肥氏(左)

 パネリストは、サウンドデモや「ニャンで戦争」のユニークなポスターでデモを身近な存在に変えた「やだね戦争!反安倍政権アクション」の、いのうえしんぢ氏、「Fukuoka Youth Movement」(フクオカ・ユース・ムーブメント、FYM)の熊川果穂氏、「安保関連法案に反対するママの会@福岡」の宮下彩氏、久留米大学講師の土肥勲嗣氏(政治学)の4氏。

 熊川氏は、大学4年生で、FYMの中心メンバーの1人。デモに抵抗のある学生もいるなか、衆院強行採決の翌日に学生が集まって、手探りで安保法案反対のデモや行動をしてきた。組織にとらわれずに、自分の思っていることを言っている。日常のなかに、一人一人が思っていることを誰にも邪魔されずに話せる空間づくりが、息の長い運動に大事だと思う」と話した。
 「最初から、安保法反対が100%実現できるとは思っていなかった」と熊川氏に挫折感はない。「路上で声をあげることで、通りすがりの人の意識を変えたり、国会議員の意識も変えることにつながることを期待した。野党議員が国会で『国会の外の声を聞いてください』と言ったので、国会内の政治と私たちの距離が近づいたのは、抗議行動してきたからだと感じた」。
 熊川氏は、安保法賛成派の「平和は武器で守られる」という抑止力論に対して、ペシャワール会の中村哲さんが去年7月の閣議決定の際に、「NGOは憲法9条があったから活動できた、今後はいつ命が狙われるかわからない、日本なりの国際貢献が崩れてしまった」と語った言葉を紹介し、こう訴えた。
 「安保法賛成の人は(安保法反対は)『お花畑だ』『理想論』だと言うかもしれないが、お花畑で何が悪いかと私は言いたい。平和は結果ではなく、戦争がない社会をどうつくるかを考える過程が平和をつくっていくと思っている」。

 宮下氏は、「普通の毎日を続けるためには、この法案はヤバイぞという気持ちで、7月末の東京・渋谷のデモに合わせて福岡でデモを始めた。『できることを、できる人が、できるときに』がモットー。『だれの子どもも殺させない』が合言葉です」と述べた。名称はママの会だが、男子部もありママ以外も参加している。「子どもは長時間じっとしていられないので、デモの前には、ピクニックといって、公園でお弁当を広げて、気持ちを語り合ったりした」と、ママの会のデモスタイルを述べた。

 「(安保法が成立したが)今、あきらめるわけにはいかない。戦争が起きてもらっては困るし、だれの子どもも殺させては困る」と、宮川氏は今後も継続する決意を語った。
 「デモが日常になった。それまでは、政治とは、選挙で投票に行くことくらいしか思いつかなかった。強行採決で不安を持ち、参加する人が増えた。このつながりができたことに希望を感じる。私も無関心で、毎日の目の前のことで一生懸命なだけだったが、気付いた。自分が冷めなければ周りに話していくので、99%が気付いたら(社会は)変わる」。

パネリストの(左から)熊川果穂、宮下彩、いのうえしんぢ各氏<

パネリストの(左から)熊川果穂、宮下彩、いのうえしんぢ各氏

デモは社会に何を生み出しているか話し合ったパネルディスカッション=10月2日、福岡市<

デモは社会に何を生み出しているか話し合ったパネルディスカッション=10月2日、福岡市

(つづく)
【山本 弘之】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年09月15日 07:00

国産めんまの市場を生み出し、放置竹林を再資源化

 日本国内市場で流通するめんまの99%が、中国・台湾産の麻竹(まちく)を原料とするものである。国産の孟宗竹(もうそうちく)に対する需要は限られており、竹が生い茂る里山...

2019年09月14日 07:00

【9/14】第85回筑紫野市祭「二日市温泉と天拝山観月会」開催

 第85回筑紫野市祭「二日市温泉と天拝山観月会」が本日(14日)、天拝山山頂・天拝公園で開催される。

2019年09月14日 07:00

【9/23】「タマスタ筑後ファン感謝デー」開催~福岡ソフトバンクホークス

 福岡ソフトバンクホークスは、タマスタ筑後開催のウエスタンリーグ最終戦(9月23日)の試合終了後、グラウンドを開放して「タマスタ筑後ファン感謝デー」を開催する。

2019年09月13日 17:54

周船寺第1雨水幹線築造工事、11.5億でフジタJVが落札

 福岡市発注の「周船寺第1雨水幹線築造工事」を、(株)フジタ九州支店を代表企業とするフジタ・九州総合・松山建設JVが11億5,448万400円で落札した。

2019年09月13日 17:54

【疑惑まみれの改造内閣】小泉進次郎入閣の打ち上げ花火は世論誘導の姑息な手段

 第4次安倍再改造内閣が発足した翌12日、初入閣で脚光を浴びた小泉進次郎・環境大臣(38)が福島県庁を訪れて内堀雅雄知事と面談した。中間貯蔵施設や復興などについて意見...

2019年09月13日 17:40

9万人の救世主となるか~女性の復職サポート会社

 結婚、妊娠、出産とライフステージが変わるタイミングで離職する女性は以前より減ってはいるものの、第1子の出産を機に4割強が離職(国立社会保障・人口問題研究所「第15回...

2019年09月13日 16:21

【交通取締情報】9月17日、福岡市博多区と北九州市小倉北区で実施

 福岡県警は9月17日(火)、福岡市博多区と北九州市小倉北区で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年09月13日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」9月10日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2019年09月13日 14:53

中洲川端駅北で電灯が折れるトラブル

   中洲川端駅北の駐車場近くで13日午後2時ごろ、電灯が折れるトラブルが起こった。根元が腐食したことによるものとみられ、電線が切れないよう警察官が数人がかりで支えて...

2019年09月13日 14:43

100歳以上の高齢者、7万人を突破

 厚生労働省は13日、住民基本台帳に基づく100歳以上の高齢者の総数が7万1,238人(2019年9月1日現在、年齢は2019年9月15日現在)だと発表した。そのうち...

pagetop