2024年02月27日( 火 )

キャナル隣の「010ビル」、福岡地所グループ間で売買

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 キャナルシティ博多隣の複合施設「010 BUILDING」が、売却されていたことがわかった。

010 BUILDING
010 BUILDING

 売主は(株)Zero-Ten(福岡市博多区)、買主は(株)美光(福岡市博多区)で、いずれも福岡地所のグループ会社。売買は昨年8月末に行われていた。

    010 BUILDINGは、レストランやシアターなどで構成されたS造3階建の複合施設で、福岡の街に新たなカルチャーをつくり出すことを目指し、2022年11月に竣工していた。施設運営はZero-Tenが手がける。今回、同ビルを取得した美光は、主に福岡地所グループが保有する物件のビルメンテナンスなどを手がける。

 なお、同じくキャナルシティ博多に近接する那珂川沿いの清流公園では、福岡市のPark-PFI 制度を活⽤した「清流公園整備・管理運営事業」の優先交渉権者に福岡地所を代表とするグループが選ばれており、来年春には順次供用開始が予定されている。

【永上 隼人】

関連記事