2024年04月15日( 月 )

福岡市、こども誰でも通園制度の運営事業者を募集

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 福岡市は、国が少子化対策の一環で進めている試行的事業「こども誰でも通園制度」の2024年度福岡市型モデル事業を実施する。実施期間は7月1日~25年3月31日まで。これに先立ち市は、2月29日(木)から同事業の運営事業者を公募する。

 対象となるのは、少なくとも23年4月1日時点で、保育所や幼稚園などで就学前児童を1年以上預かった実績のある事業者で、対象エリアは福岡市内。募集予定数は30カ所程度(応募状況により変更の可能性アリ)となっている。

 事業の実施にともない交付予定の主な補助金案は以下の通り(今後変更の可能性アリ)。

 事業者には補助金として、受入した児童1人あたり1時間850円(障がい児を受入した場合は1人あたり1時間1,000円を加算)を交付。また、補助金の対象経費には人件費をはじめ、事務費(通信費、旅費、印刷消耗品費)、事業費(給食費、保育材料費、光熱費)などが含まれる。

 加えて、事業所の開設にともない施設の改修による保育環境の整備や、備品購入が新たに必要な場合は、400万円を限度額に市が補助を行うほか、賃貸物件を賃借する場合には賃借料や礼金に対して初年度に60万円を限度額に補助を行う。家賃に対しては、月額25万5,500円を限度額に補助を行う。

 市は、2月29日(木)午前10時30分から1時間ほど、説明会の開催を予定している。

■福岡市型こども誰でも通園制度の
 運営事業者の公募スケジュール

<募集開始>
2月29日(木)~3月15日(金)午後5時まで
<説 明 会>
2月29日(木)午前10時30~11時30分 
福岡市本庁舎15階研修室B
<事業計画締切>
3月29日(金)午後5時まで
<審  査>
4月中旬予定
<実施予定者決定>
4月下旬予定
<補助交付決定>
5月中予定
<事業期間>
7月1日~25年3月31日

【代 源太朗】

法人名

関連記事