2024年04月15日( 月 )

西鉄バスが16日にダイヤ改正 福岡地区で約4%の減便

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 西鉄は本日、16日に行うダイヤ改正で福岡、北九州、久留米地区において一般路線バスを減便することを明らかにした。このうち、福岡地区では42路線で平日、土日祝日とも約4%減らす。「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準(改善基準告示)」の改正、いわゆる「2024年問題」への対応を主な目的としている。

 北九州地区は8路線が対象で、減便率は平日約1.6%、土曜日約0.5%、日祝日約0.3%。また、久留米地区の対象は7路線で、減便率は平日3.6%、土曜日約4.5%、日祝日約4.2%としている。

 減便は最終便の時刻繰り上げや、コロナ禍以降、需要が戻らない路線・時間帯で実施される。なお筑豊地域では減便はない。

【田中 直輝】

関連キーワード

関連記事