2024年04月15日( 月 )

大手5社シェア、5割突破 ドラッグストア市場、上位集中化から寡占化段階へ

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 データ・マックスの調べによると、ドラッグストア売上高上位5社の2022年度のシェアが51.2%と初めて5割を超えた。21年度は市場規模8兆5,408億円(日本ドラッグスアチェーン協会調べ)に対し、5社シェアは47.7%だった。

 22年度の5社合計の売上高は9.6%増の4兆4,654億円。同協会調べでは市場規模は2.0%増の8兆7,134億円だった。5社の伸び率が市場成長率を大きく上回ったことでシェアが拡大した。大手5社は巣ごもり消費の反動で市場が伸び悩むなか、積極出店とM&Aで売上を伸ばした。

※この記事は1月30日に有料会員向け「流通メルマガ」に配信したものから一部を抜粋したものです。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

◆ 流通メルマガのご案内 ◆

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

関連キーワード

関連記事