わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月15日 10:16

仕事を通じて人と環境をサポートする 「未来を切り拓く」福岡への提言200人  博多21の会 

山本設備工業(株) 代表取締役社長 山本 慎一

生活インフラ整備とともに60年

 山本設備工業(株)は1956年2月に、創業者の山本熊一氏が2名の社員とともに管工事を目的に個人創業したのが始まり。その後、61年3月に株式会社へと改組。現在の代表取締役社長である山本慎一氏は、2006年1月に3代目として就任した。来年の2月には、同社は創業から60年を迎える。地場の同業のなかでも古参のポジションとなる同社は、現状に甘んじることなく、顧客満足度をより高めるための活動を、社内一丸となって取り組んでいる。

 同社の行動指針10則のなかで「水と空気と緑を守れ」と、人と環境への貢献を徹底している。同社の誠実に職務を遂行する姿勢は、施主(発注元)、仕入先、専門工事会社、そしてエンドユーザーに至るまで浸透し、厚い信頼関係を築いている。24時間対応のアフターメンテナンスの体制や、薬品類を一切使わない無害な圧縮空気と水道水で管内を洗浄し、人体と環境に優しい『JAB洗浄』のサービス提供など、きめ細かな施工とアフターメンテナンスの構築によるマネジメントを実践している。
 また、完成工事で得たノウハウの集積を行い、それらを基に毎年5月頃に情報を開示して施工基準書を制作。同基準書により問題点を分析して、将来の工事に生かすなど、常に進化するための活動を行っている。それらは、同社の使命のもと、いつも仕事に邁進する実行力がすべてである。

働く人々を大切にする

山本設備工業(株) 山本 慎一  代表取締役社長<

山本設備工業(株) 山本 慎一  代表取締役社長

 この4月に5名の新卒の社員が入社した。「志が高く、仕事への意欲と向上心が旺盛。これからが楽しみです」と語る山本代表。同社は新人を迎えるにあたり、桜の咲く時期に歓迎会を開催する。その会は、社員の家族を招いての会となる。「社員のご家族と一緒に楽しんでもらいます。社員一同、日々の仕事が厳しく心身とも辛いなかで、黙々と仕事を行っております。その日頃の活動に敬意を表して、会を開催しています。開催するごとに、社員の結婚や子どもが産まれた話、また子どもが大きくなった姿など、いろいろな楽しみや喜びがあります。この会により、弊社の姿勢を新入社員に感じてもらい、先輩らとの交流によってより一体感を高めております」(山本代表)と、社員一同との交流により、信頼関係を深めている。それは、同社の理念の1つである『働く人々を大切にする』という言葉に集約されている。
 その1つに、同社の独身寮の存在がある。「新入社員(男性)は、1年間は独身寮に入らせることにしており、独立心を育む第一歩となることを目指します。弊社の仕事は地味で、心身とも辛いことが多いです。そのような環境で、しっかり食べて休むという規則正しい生活を築いてほしいのです。さらには、先輩社員との交流により、より深い人間関係を築いてもらいたいです。それらによって、働きやすい環境を提供し、仕事に打ち込んで成長してほしいですね」と語る。そのほかにも、積み立ての推奨、社宅の完備など、同社の社員が生活の心配をしないで仕事に集中できる環境づくりへの投資を、同社は続けている。独身寮に入った社員は、1年が過ぎても引き続き住み続け、結婚を機に社宅に入るというケースがほとんどだという。

 このように『働く人々を大切にする』の理念で仕事に邁進する同社の社員には、「よく気働きをして心を込めて丁寧な仕事をしてくれる」「いかなるときもベストを尽くしてくれる。誠実な仕事ぶりだ」などの顧客の声が多数寄せられている。「仕事を通じて人生をつくるサポートを、社員に行います」(山本代表)という同社の経営マネジメントは、これからの企業経営におけるモデルの1つになるであろう。同社が毎期堅実な業績を築いていることが、その何よりの証である。

■INFORMATION
山本設備工業(株)
代 表:山本 慎一
所在地:福岡市南区那の川1-15-5
設 立:1961年3月
資本金:5,000万円
TEL:092-521-2935
URL:http://www.y-s-k.co.jp/

<プロフィール>
yamamoto山本 慎一(やまもと しんいち)
1990年4月、山本設備工業(株)入社。2002年12月、取締役就任。06年1月、代表取締役社長に就任した。趣味は読書、ゴルフ。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

2020年01月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」1月16日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月17日 12:59

デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)

 プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は10日、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗で「デラックス得丼」を発売した。

2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短...

2020年01月17日 12:35

OCHIホールディングス(株)創業の礎を守り進化させる胆力

 2010年10月1日に越智産業(株)の単独株式移転により、持株会社として設立されたOCHIホールディングス(株)。直近の2019年3月期で1,000億円の売上高を突...

pagetop