2024年04月16日( 火 )

長垂海浜公園 Park-PFI活用で交流施設整備へ

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 福岡市は、西区の今宿海岸沿いに位置する「長垂海浜公園」の管理・運営を、Park-PFI(公募設置管理制度)の活用により民間事業者に委託する。同Park-PFI事業では、海辺の景勝地という特性・魅力を生かした交流施設の整備が計画されており、施設の設置管理許可の期間は最短10年間、最長20年間となっている。

 市が公募する「長垂海浜公園整備・管理運営事業」には、地域や市民生活と調和した、持続可能な観光振興の推進を図る「観光・MICE推進プログラム」との相乗効果の発揮も期待されている。

今津湾を臨む長垂海浜公園 市HPより
今津湾を臨む長垂海浜公園 市HPより

 長垂海浜公園は市道今宿駅前1559号線や、博多区千代までを結ぶ市道千代今宿線と接しており、JR今宿駅から徒歩10分以内の立地となっている。市では交流施設の整備を含む新たな公園づくりに際して、①水辺の景勝地に立地する本公園ならではの魅力を生かした・引き出した公園づくり、②福岡市地球温暖化対策実行計画を通じてカーボンニュートラルを実装した都市を目指す福岡市における公園づくり、の2つの実現をとくに重要視している。このほか、地域への貢献(公園内の清掃活動や周辺パトロールなど)、地場企業の積極的な活用(同施設整備に必要な機材や消耗品の調達、提供する飲料物など)を求めている。 

赤枠内が長垂海浜公園

 今後のスケジュールとして、①4月3日、4日、②4月8日、9日の午後4時30分から公募に関する説明会を実施し(参加申込期限①は2日午後1時、②は5日午後4時まで)、5日には現地説明会(参加申込期限3日午後5時まで)などを行う。なお、応募表明書の提出期間は、5月10日~17日の午前9時~午後5時の間となっている。

■長垂海浜公園
<所在地>
福岡市西区今宿駅前1-1120-9、1120-299、1120-300
<公園面積>
25,385m2
<埋蔵文化財包蔵地>
あり(今宿遺跡、元寇防塁)
<景観計画関係>
福岡市都市景観計画「海浜ゾーン」

【代 源太朗】

法人名

関連記事