2024年04月16日( 火 )

2022年度当期純利益率ランキング 1位ハンズマン、2位ダイレックス、3位三角商事とグッデイ

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 最高はハンズマンの3.89%──データ・マックスの調べによると、2022年度決算で150億円以上を売り上げ、売上高(営業収益)当期純利益率1%以上を上げた企業は22社だった。2位ダイレックス3.24%、3位三角商事とグッデイの3.04%、5位ゆめマート熊本3.03%で上位5社中、食品スーパー(SM)はゆめマート熊本1社だった。

 上位10社のうち、7位ナフコの2.79%を含めホームセンターが3社を占めた。市場は縮小傾向にあるが、粗利益率が3割以上と高いことによる。

※この記事は2月28日に有料会員向け「流通メルマガ」に配信したものから一部を抜粋したものです。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

◆ 流通メルマガのご案内 ◆

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

関連キーワード

関連記事