2024年05月21日( 火 )

【福岡市】ソーシャルスタートアップ成長支援事業

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 福岡市は8日、社会課題解決に取り組む起業家を支援する「ソーシャルスタートアップ成長支援事業」の募集受付を開始した。支援対象者に対してふるさと納税制度を活用した資金調達手段を提供することで、「経営基盤強化にかかる取り組み」を支援し、福岡市民をはじめ、市内外の人々の持続的でより良い生活の実現を図るのが狙い。補助対象は事業を継続的に営み、成長するのを総合的に支える「人材」「資金」「情報」等の資源を充実させ、組織としての力をつけていくための 取り組みとしている。

 支援のスキームは、公募を通して福岡市から支援対象として認定されたスタートアップが、経営基盤強化にかかる取り組みについて福岡市のふるさと納税サイトに掲載し、目標額を定めてクラウドファンディングで寄附を集めるというもの。応募時に「個人版ふるさと納税制度」と「企業版ふるさと納税制度」のいずれかを選択する。目標金額の達成・未達成によらず、集まった寄附額(上限あり、個人版:300万円、企業版:750万円)の全額が補助金として交付される。

 受付は5月9日まで、10件程度の認定を予定している。詳細および申請については福岡市HP「令和6年度ふるさと納税を活用した福岡市ソーシャルスタートアップ成長支援事業の募集について」を参照。

【茅野 雅弘】

法人名

関連記事