2024年06月15日( 土 )

「くまもと3D連携コンソーシアム」企業会員を募集中

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 世界最大の半導体受託製造企業TSMC(台湾積体電路製造)の進出により、工場が立地する菊陽町を中心として活況に沸く熊本県。県ではこの好機を逃さずに、県全体に経済波及効果を行きわたらせると同時に、県内産業の育成にもつなげたいと、さまざまな取り組みを実施している。

 そうした取り組みの1つとして、熊本大学と熊本県は、熊本県で採択された内閣府事業「地方大学・地域産業創生交付金」による計画「半導体産業の強化及びユーザー産業を含めた新たな産業エコシステムの形成」において実施される研究開発事業への参画や三次元積層実装産業に参入する企業の拡大を目的として、「くまもと3D連携コンソーシアム」を設立した。

くまもと3D連携コンソーシアム
くまもと3D連携コンソーシアム

 同コンソーシアム(共同事業体)は、三次元積層実装産業の実現を目指す半導体関連企業や研究機関などで構成される組織で、事務局は熊本大学 熊本創生推進機構に置かれ、県が事務局の運営補佐を行う。三次元積層LSIに関するセミナーや勉強会を実施するほか、企業や大学の交流の場の提供、研究開発プロジェクトチーム組成などの活動を通じて、企業会員が三次元積層実装を中心とした技術について学ぶとともに、将来の半導体事業を構想した三次元積層実装の研究開発を推進し、10年以内に熊本県内に三次元積層実装産業創出を目指すことを目的としている。

 同コンソーシアムでは現在、三次元積層実装産業に興味のある企業や研究者の会員を募集中。対象は、三次元積層実装技術を使用した産業を設立・実装を目指す企業のうち、熊本県内に本社・事業所がある企業のほか、熊本県内企業と取引があり当該熊本県内企業から参加を推薦された熊本県外企業なども含まれる。入会には同コンソーシアムの運営委員会からの承認が必要だが、申込期限はなく随時申し込むことが可能で、入会費および年会費は無料となっている。

【坂田 憲治】


<申込フォーム・会則など>
https://kico.kumamoto-u.ac.jp/cat1/kumamoto_3d_consortium/
<問い合わせ先・入会申込書送付先>
事務局:熊本大学 熊本創生推進機構
kumamoto3d@ku-kico.org

関連キーワード

関連記事