2024年05月27日( 月 )

DS6社の営業利益率 PPIHとダイレックスは米ウォルマート上回る

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 日米ディスカウントストア(DS)大手6社の前期の営業利益率を比べたところ、最高はドンキホーテを展開するパン・パシフィック・インターナショナルHD(PPIH)の5.43%だった。2位はダイレックスの4.78%で、米ウォルマートは4.17%と3番目だった。

 PPIHはDSを称しているが、粗利益率が31.0%で、販管費率も25.56%と高い。粗利が高いのは付加価値の高いレジャー用品などの扱いが多いため。仕入れ権限の一部を地方本部や店舗に移譲しているため、経費率は高い。

※この記事は3月27日に有料会員向け「流通メルマガ」に配信したものから一部を抜粋したものです。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

◆ 流通メルマガのご案内 ◆

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1週間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

関連キーワード

関連記事