2024年05月21日( 火 )

見えてきた政権交代の実現

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 NetIB-NEWSでは、政治経済学者の植草一秀氏のメルマガ記事を抜粋して紹介する。今回は次の衆院総選挙での強固な野党共闘体制の構築を求めた5月14日付の記事を紹介する。

政権交代を求める声は拡大している。最大の背景になっているのは自民党の裏金巨大犯罪。組織ぐるみの犯罪である。

自民党が巨大犯罪集団と化しているということ。警察は基準が不明確な選挙活動での威嚇的捜査を行う前に、巨大な犯罪組織の摘発に総力を結集すべきではないか。また国税当局は組織的な脱税行為が行われていることに対して本格的な税務調査体制を敷くべきである。

巨大な組織犯罪が野放しにされる一方、権力に対して歯向かう政治活動を不明確な基準で弾圧するのでは戦前への回帰になる。特高警察の復活と受け止められることになる。

「政治とカネ」の問題が声高に叫ばれて久しい。2009年に政権交代が実現して鳩山由紀夫内閣が樹立された。日本政治史上の金字塔である。政権交代を牽引したのは小沢一郎氏と鳩山由紀夫氏。「小鳩の春」が到来した。しかし、「小鳩の春」は暴力的に破壊された。「プラハの春」を彷彿させる。

2006年4月に民主党代表に就任した小沢一郎氏が民主党大躍進を牽引した。しかし、小沢一郎氏に対して2006年から執拗な人物破壊工作が展開され続けた。

米・官・業・政・電の利権複合体が支配する日本政治の根幹が破壊される恐怖の裏返しが、小沢一郎氏と鳩山由紀夫氏に対する人物破壊工作であったと考えられる。

その小沢一郎氏に対する凶悪犯罪と呼べるものが2009年3月3日の秘書逮捕だった。西松建設OB組織である新政治問題研究会と未来産業研究会からの寄附を小沢氏資金管理団体が事実通りに収支報告書に記載して提出した。これを「虚偽記載」だとして小沢氏秘書の大久保隆規氏が突然逮捕された。

検察の主張は「寄附行為者の実体は西松建設であり、収支報告書に寄附行為者として西松建設と記載しなければ「虚偽記載」になる」というもの。この容疑で秘書が突然逮捕された。まったく同じ方法で収支報告書を提出した政治団体がほかに12もあったが、小沢氏資金管理団体だけが摘発された。

しかし、翌2010年1月13日の第2回公判で西松建設元取締役総務部長・岡崎彰文氏が法廷で証言。
2つの政治団体に実体があることを証言した。従って、小沢氏資金管理団体の収支報告書は完全に正当なものであることが明らかにされた。

2009年3月3日の逮捕事案が「西松事件」と呼ばれるものだったが、この「西松事件」によって小沢一郎氏は2009年5月に民主党代表を辞任した。

※続きは5月14日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」「見えてきた政権交代の実現」で。
 


▼関連リンク
植草一秀の『知られざる真実』

関連キーワード

関連記事