2024年07月19日( 金 )

【福岡】NIPPOが赤坂駅7分の九州支店ビルを売却

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 道路舗装大手・NIPPO(東京都中央区)は、九州支店が入る福岡市中央区の賃貸マンションを売却した。

 売却したのは、地下鉄・赤坂駅から徒歩7分のSRC造11階建・アーバス大手門。1階が駐車場、2~3階がオフィス、4~11階が賃貸マンションとなっており、オフィス部分にはNIPPOの九州支店が入居している。3月25日に売却され、中央日本土地建物グループ(東京都千代田区)傘下の中央日土地ソリューションズ(同所)が取得した。

アーバス大手門(大手門2丁目)
アーバス大手門(大手門2丁目)

 中央日本土地建物グループは、2月に天神西通り沿いの複合ビル・QizTENJINを取得していたほか、JR博多駅から徒歩5分の立地では、来年6月の竣工予定で地上13階・地下2階建のオフィスビル・中央日土地博多駅前ビルの開発を進めている。

【永上隼人】

◇「福岡の不動産動向を知る」メールマガジン◇

年額12万円(税別)※会員価格あり。詳細は下記の「試読申込み」からお問い合わせください。

福岡市内主要エリアの売買事例を月に1回(中旬)、メールにて配信します。月間の売買事例は50~100件程度です。福岡における不動産のプレイヤー、エリア動向の把握などにご活用ください。

売買事例はエクセルデータにて提供します。売買された物件については、座標も記載していますので、所在がわかるようになっています。

<売買事例サンプル>

売買事例サンプル

関連キーワード

関連記事