2024年07月20日( 土 )

福岡市博物館の収蔵庫棟増築、照栄・東部産業JVが17.2億円で落札

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 福岡市発注の「福岡市博物館収蔵庫棟増築工事」を、照栄建設(株)を筆頭とする照栄建設・東部産業JVが17億2,400万円(税別)で落札した。入札には溝江・香椎建設JVも参加予定だったが、辞退した。

 福岡市博物館は1990年の開館から30年以上が経過し、各種設備の更新や収蔵スペースの拡充など、時勢に応じた施設の大規模改修と運営体制の強化が求められており、市はこれに対応すべく福岡市博物館リニューアル推進事業を進めている。

 収蔵庫棟増築工事は、同事業の一環で行われるもので、工期は6月28日~2026年2月27日までを予定している。

【代源太朗】

関連記事