2021年12月07日( 火 )
by データ・マックス

清水建設グループが137億円で落札~福岡市総合体育館(仮称)整備運営事業

 27日、清水建設(株)グループが「福岡市総合体育館(仮称)整備運営事業」を落札した。落札金額は137億8,587万円、グループ構成企業や審査講評などは後日公表される。応募していたのは2グループで、入札予定価格は138億2,802万円だった。建設地は東区香椎照葉6丁目の敷地約4万m2。2018年9月の完成、12月1日の供用開始が予定されている。(事業期間は2034年3月まで)

 総合体育館の施設条件は、メインアリーナの面積が3,105m2以上、総観客席数は5,000席以上とするほか、サブアリーナが同1,728m2以上、観客席700席以上。武道場は観客席200席以上、弓道場は観客席100席以上、スポーツ活動諸室、研修・会議室、500台以上の駐車場を設ける。

建設情報サイトはこちら>>
建設情報サイトでは建設業界に関する情報を一括閲覧できるようにしております。

 

関連記事