2024年07月19日( 金 )

林グループ、林宗土木 当期利益率10%超の高収益土木部門

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 福岡県の生コンクリート業界の活況を見ていくうえで、代表的な企業グループである林グループの業績を見ていきたい。

 生コンクリート製造の野方菱光を中核とし、今期グループ売上高100億円超を狙う林グループ。グループを形成する1つ目の企業は林宗土木(株)(本社:福岡市西区、日下部聡代表)だ。

 林宗土木は1973年設立。上下水道工事を得意とする土木工事業者だ。昨年は、福岡市発注の下水道工事を受注するなど順調に推移した。

林宗土木の落札工事例

草ヶ江(別府五丁目)地区下水道築造工事
発注機関 福岡県 福岡市
入札日 2023/08/24
落札金額 1億1,475万3,000円

住吉(美野島二丁目)外地区下水道築造工事
発注機関 福岡県 福岡市
入札日 2023/05/30
落札金額 1億2,572万1,000円

 2008年のリーマン・ショック直前に一時年商7億円を突破したが、リーマン・ショック後大きく売上を落とし、【表】で見るように一時期は大きく低迷した。しかし、その後は順調に売上を伸ばし続けて近々の3期は7億円台で推移、当期利益率は10%を超えている。

 生コン製造をグループに持つ土木工事業者としてグループシナジーを存分に発揮して高収益を上げている。

【寺村朋輝】

関連キーワード

関連記事