• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年02月23日 07:03

日本伝統文化を凌駕するマンガ・アニメの人気!(2)

マンガ研究家・翻訳 グザヴィエ・エベール氏

『AKIRA』がマンガ翻訳出版の契機になった

 ――前回、90年代の一時期にアニメは不遇の時を迎え、フランスの日本アニメのファンのエネルギーはその原作であるマンガに向かったという話を聞きました。

 グザヴィエ 90年代前半にはマンガブームが訪れ、フランスでも多くの若者が自ら創作マンガの制作を始めるようになります。アマチュア作品を発表する場として、同人誌活動もこのときに目覚ましい発展をしています。

ジャパンエキスポパリ<

パリで開催されたジャパンエキスポ

 90年には、大手バンド・デシネ(BD)出版のグレナ社が、アメリカでも爆発的に売れた大友克洋の『AKIRA』で先鞭をつけ、鳥山明の『ドラゴンボール』(93年)、高橋留美子の『らんま1/2』(94年)など日本の人気テレビアニメの原作を刊行開始しています。さらに、アニメとは直接関係のないさまざまな日本マンガの作品の翻訳出版も行われるようになっていきます。士郎正宗『アップルシード』と『オリオン』(94年)、池上遼一の『クライングフリーマン』(95年)、鳥山明の『Dr.スランプ』(95年)、武内直子の『美少女戦士セーラームーン』などが刊行されています。とくに『AKIRA』は、質の高い素晴らしい作品だったので、グレナ社以外のフランスの出版社でも、日本マンガを出版しようとする動きが起こっています。

 一方、約10年の不遇の時期を経て、日本アニメの放映が本格的に再開されていくのは、1999年にアニメ『ポケモン』がTV放映されたことがきっかけとなっています。

15年前には、すでに日本伝統文化を追い抜いた

 ――これまでのお話をおうかがいしていると、フランスはかなり「マンガ大国」のような気がしてきました。少し角度を変えてお聞きします。従来、フランス人ほかヨーロッパ人が抱く日本のイメージは、日本伝統文化(「茶道」「華道」「武道」「書道」など)だったと思います。「日本伝統文化」を「マンガ・アニメ」が凌駕したと考えてよろしいのでしょうか。

 グザヴィエ それは、世代によっても大きく変わるので難しい問題です。日本に興味を持っている人は、どちらかの2者択一でなく、日本伝統文化もマンガ・アニメも比較することなく、両方ともに強い関心があると思います。私自身も柔道、空手などには興味があります。
ただし、従来、日本伝統文化に興味を持っていた人数はそんなに多くなく、また当時の日本伝統文化に触れられるのは、ごく限られた階層の人だったと思います。
その点では、世代によるとはいえ、人数的には、「マンガ・アニメ」は、「日本伝統文化」を完全に追い抜きました、私の感覚では、すでに15年ぐらい前にはそうなっていたと思います。今現在、日本を知る、日本語を学習する動機は、圧倒的にマンガ・アニメになっていることは間違いありません。

マンガ・アニメは「子どもだけのものではない」

 ――グザヴィエさんのような研究者やマンガ・アニメファンではない、ごく一般のフランス人の日本マンガ・アニメ感はどうですか。

 グザヴィエ 私が驚いているのは、日本にほとんど関心がなくても、マンガ・アニメが好きで、読み、見るフランス人の若者が増えてきたことです。彼らは日本の文化とか日本そのものに関心がなく、もちろん日本語はまったくわかりません。しかし、『NARUTO』や『ONE PIECE』(翻訳版)などをごく普通に読んでいます。

 もちろん、50歳以上で、小さいときからバンド・デシネ(BD)を読み続けてきたフランス人には、日本のマンガ・アニメはある意味違和感があるかもしれません。しかし、先ほど、「フランスでは、アニメ(その原作のマンガを含む)とはお母さんが忙しいときに子どもに見せておく、ディズニーなどに代表される子ども向けである」というお話がありましたが、そこにも変化が現れてきているのです。
一般的には、フランス人はある年齢(25歳~30歳)になると、マンガ・アニメは卒業します。しかし、今日本マンガ・アニメは「子どもだけのものではない」と考える若者が増えてきています。つまり、マンガ・アニメを読む・見ることに、世代間の断絶がなくなりつつあるのです。

「萌え」の文化は再生産されていないと考える

 ――それはすごいことですね。ところで、フランスでは、いわゆる「アキバカルチャーに」代表される「オタク」や「萌え」については、どう受け止められていますか。

 グザヴィエ 「オタク」のようなフランス人は一定数いるかも知れませんが、非常に少ないのではと思っています。「萌え」に関心のあるフランス人は、ほとんどいないと言えるかもしれません。私はそのような現象を自分では見たことはありません。フランスにおいては、萌えの文化は再生産されていないと考えています。

(つづく)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
xhグザヴィエ・エベール(Xavier Hebert)
1966年フランス・ノルマンディー生まれ。パリ第7大学大学院(Denis Diderot)東洋言語文化学部日本語科博士号前期課程研究免状(DEA)取得「日本の漫画」(1997年)、千葉大学大学院社会文化研究科都市研究専攻
博士号取得「漫画の物語理論」(2002年)
パリのマンガ専門学校Eurasiam教員(日本マンガの分析及び実践を指導)。日本マンガに関する論文・寄稿多数(手塚治虫研究、漫画における視覚的物語手法)。日本マンガの仏語翻訳(手塚治虫、黒田硫黄、五十嵐大介、高浜寛など)。グレナ(GRENA-ソルボンヌ大学・マンガ研究者グループ)会員。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

2020年09月18日 17:00

コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至

 コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字に...

2020年09月18日 16:52

地銀の経営統合~「待ったなし」を検証する(後)

   【表1】を見ていただきたい。47都道府県の地銀の状況表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国47都道府県にある地銀は、第一地銀64行、第二...

pagetop