• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年04月04日 07:05

高浜原発差し止め決定の2つの衝撃、渦巻く歓迎と憎悪(後)

「炉心損傷防止する手段は、現状、ない」

IAEAの深層防護の考え方を紹介した日本原子力学会標準委員会の冊子<

IAEAの深層防護の考え方を紹介した日本原子力学会標準委員会の冊子

 司法が2014年以降、3回に渡って、原発の運転を差し止める判断を出したのは、福島第一原発事故が起きたという現実抜きには考えることはできない。

 大津地裁の決定は、福島事故の原因究明は「今なお道半ばの状況」として、「その災禍の甚大さに真摯に向き合い、2度と同様の事故発生を防ぐとの安全確保対策を講ずるには、原因究明を徹底的に行うことが不可欠」と指摘し、関電の主張や証拠提出が不十分な状態であるにもかかわらず、この点に注意を払わないのであれば、新規制基準策定に向かう姿勢に「非常に不安を覚える」と表明した。
 また、避難計画について、過酷事故を経た現時点においては、避難計画をも視野に入れた幅広い規制基準を策定すべき「信義則上の義務が国家に発生しているといってもよいのではないだろうか」と提言している。

 新規制基準についての司法からのこれらの“注文”は、福島原発事故という現実を踏まえた判断だと言える。最高裁判決前には、過酷事故は起きていず、安全審査の目的は、万が一にも原子力災害を起こさないようにすること(伊方原発訴訟最高裁判決)にあった。
 しかし、新規制基準は、一次冷却材喪失(LOCA)と全交流電源喪失(SBO)が同時に起こり得ることを想定している。
 福島で起きたことが、まさにSBO(ステーション・ブラック・アウト)だった。吉田所長(当時)が「本当に死んだと思った」という事態が再現される。SBOとLOCAが同時に起これば、炉心損傷を防止する手段はないことは、適合性審査で電力会社が説明している。
 「全交流電源喪失という条件のもとでは、この状態で炉心損傷を防止するためにとれる手段というのは、現状、ないというふうに考えております」(九州電力の適合性審査会での回答)。
 格納容器破損の防止策は、溶融炉心が格納容器内に落下する前に格納容器の底に水を張るというものだ。電力会社は水蒸気爆発や水素爆発は起きないことを確認済みだとしているが、新たな「安全神話」のようなものだ。前回見たように中西正之氏をはじめ技術者が対策に不備があると批判している。

現実と国民の健全な常識

 電力会社や政府が安全だと言おうと、福島の事故が起きたことを消し去ることはできない。福島原発事故のようにSBOに陥る津波を想定できなかったという言い訳は、事実と違うが、大津地裁決定も言うように、仮に想定できなかったとしたら、新基準でも想定できない見落としがないと言い切れないではないか、見落としがあるという前提に立って規制基準をつくるべきだという姿勢は、極めて常識的だ。

 「朝起きて雪が積もっていれば、夜中に雪が降ったと思う。誰かが雪をまいた可能性もあるが、合理的ではない。健全な常識で考えてください」。これは、刑事裁判で直接証拠がなく状況証拠に依拠した場合の検察側が裁判員に呼びかけた言葉である。民事裁判(仮処分)は、推定無罪の刑事裁判とは違うが、健全な常識というのは、客観的合理性や社会的相当性を判断する上で重要な要素だ。

 人格権と、原発という手法で発電するという一民間企業の経済的利益の衝突に対し、大津地裁は、健全な常識に立って判断したと、九州で脱原発に取り組んできた市民は歓迎している。
 「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」の石丸初美代表は、「原発を止める裁判所の決定が特異と言うのが間違っている。ごくごく普通のまっとうな考えだ。いまだに原発事故のため帰還できず、避難している。津波被害で帰れないのではない。放射能があるからだ」と語る。

 福島原発事故は、2011年3月から5年経っても事故は収束せず、約10万人が帰還することができず避難を余儀なくされ被害が継続・蓄積されている。放射能に汚染された廃棄物を詰めたフレコンバッグと放射能汚染水は増加を続けている。
 現実と国民の健全な常識を踏まえた判断が求められている。

(了)
【山本 弘之】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月02日 16:47

九州電力 海外での地熱発電事業を強化へ~米国の地熱技術サービス企業を買収NEW!

 (株)キューデン・インターナショナルと西日本技術開発(株)が、地熱技術サービスを提供する米国サーモケム社の買収に係る株式購入契約を締結(5月29日調印)した...

2020年06月02日 16:16

岩田屋、福岡三越~顧客へのメッセージNEW!

 先日、岩田屋と福岡三越を運営する(株)岩田屋三越より弊社代表の児玉直宛に手紙が送られてきた。手紙の内容は...

2020年06月02日 16:15

第2次補正予算の新給付制度「家賃支援給付金」の概要!NEW!

 新型コロナウイルス感染症を契機とした5⽉の緊急事態宣⾔の延⻑などにより、売上の急減に直⾯する事業者の事業継続を下⽀えするため、地代・家賃の負担を軽減することを⽬的と...

2020年06月02日 16:00

2020年度の第2次補正予算案を閣議決定!中小事業者向けの主な支援策NEW!

 2次補正では、医療従事者への最大20万円の慰労金のほか、都道府県向けの「新型コロナ緊急包括支援交付金」、中小事業者の支援や財務基盤の強化策などを盛り込んだ...

2020年06月02日 15:38

建築家・有馬裕之氏のニューヨーク現地レポートNEW!

 ミネソタ州ミネアポリスで黒人のジョージ・フロイド氏が白人警察官から暴行を受け死亡した問題が波紋を広げています。コロナ禍の「限界ストレス」のなか、ニューヨークは...

2020年06月02日 15:30

九州地銀の20年3月期決算を検証する(3)NEW!

  【表1】を見ていただきたい。九州地銀(18行)の20年3月期の預貸率順位表である。 ~この表から見えるもの~ <1位~9位> ◆1位はふくおかFG...

2020年06月02日 15:00

アフターコロナ時代、「オンライン」=「品定め」の場にNEW!

 当社は動画コンテンツの制作やテレビ番組の制作を行っているが、業務にはハイスペックなパソコンが欠かせない。高画質の映像をテンポよく編集するには、処理能力の低いパソコン...

2020年06月02日 14:25

(一財)神奈川県経営者福祉振興財団(神奈川)/共済保険事業NEW!

 同社は6月1日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日、同地裁から監督命令を受けた...

2020年06月02日 13:03

四国新幹線「ないのがおかしい」(前)NEW!

 基本計画路線がある地域では、程度の差こそあれ、地元自治体、経済界などが中心となり、それぞれの地域ごとに国への要望活動などを行っている。そのなかの1つに、四国新幹線が...

2020年06月02日 13:00

AIやビッグデータで激変するまちづくり~内閣府スーパーシティ構想の行方(前)NEW!

 AI(人工知能)やビッグデータの活用で、まちが大きく変わるといわれている、内閣府の「スーパーシティ構想」を始め、自動運転や省エネ、スマートホームなどの「スマートシテ...

pagetop