HOME > 企業・経済

流通

2020年02月21日 11:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(4)

  家庭の惣菜需要が、客数や、とりわけ買上点数に貢献してきた。もう一方の客単価を高める施策が「一品単価」の向上である。育ち盛りの子どもを複数抱える一般的な家庭では、価格訴求の強いスーパ...

2020年02月20日 11:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(3)

  再び成長の階段を上がるには既存店の売上を上げないと、新規の加盟者を募ることも既存店オーナーの多店舗化も難しい。

2020年02月20日 09:27

食品スーパー出店、来期も低調~マックスバリュ九州は都市型小型店に力

  主要食品スーパーの来期(2021年2~3月期)の出店は今期同様、低調にとどまる見通しだ。マックスバリュ九州が店舗面積1,000m2未満の小型店を含め、数店を計画しているのを除くと、...

2020年02月20日 07:00

製造小売から情報製造小売へ~SPA世界ナンバーワンを目指す(4)

  今後も店舗網の拡大で成長が見込まれる海外に対し、国内市場は人口の減少や高齢化社会の影響により、市場そのものが縮小しているという厳しい状況にある。

2020年02月19日 11:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(2)

  19年度はチェーン大手がそろって既存の「加盟店支援」を打ち出した。事業を拡大するよりも既存の加盟店を大切にして、加盟店の満足度を高めてチェーン全体を再構築する時期にきたとする認識である。

2020年02月19日 07:00

製造小売から情報製造小売へ~SPA世界ナンバーワンを目指す(3)

  小売業にとって出店は成長の原動力、ユニクロの国内の店舗数は817店舗(2019年8月期)。ここ数年、店舗数が減少し飽和状態を迎えている。

2020年02月18日 15:14

トライアル、「スマートストア」化推進~東篠崎店にAIカメラ、レジカート導入

  トライアルカンパニーが店舗の「スマートストア化」を進めている。大量のAIカメラを導入し売り場の欠品防止に活用する一方、レジカートでレジ待ち時間をゼロにするというのが柱。

2020年02月18日 14:02

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ編集委員 梅澤 聡 氏(1)

  コンビニ深夜休業の是非。各方面からさまざまな“論客”が参戦してメディアを賑わせた。誰もが毎日のように利用するコンビニ。1日1店舗の利用客数を800~1,000人、全店舗数を5万8,...

2020年02月18日 10:30

ホームセンター大手5社のシェア44.1%~鈍い寡占化、M&Aの遅れが一因

  データ・マックスが売上高上位5社(DCMホールディングス、カインズ、コメリ、コーナン商事、ナフコ)の2018年度の市場シェアを調べたところ44.1%と5年前から2.4ポイント上昇した。

2020年02月18日 07:00

製造小売から情報製造小売へ~SPA世界ナンバーワンを目指す(2)

  ファーストリテイリングはそこに安住することなく、その取り組みをさらに進化させる。新たなモノづくりの仕組みを構築するために、「有明プロジェクト」を始動させ、2017年2月に東京・有明...

2020年02月17日 10:02

製造小売から情報製造小売へ~SPA世界ナンバーワンを目指す(1)

  カジュアル衣料専門店「ユニクロ」を展開する(株)ファーストリテイリング。SPA(製造小売)のビジネスモデルで急成長してきた。ユニクロは国内外に2,000店舗超。その他のブランドを合...

2020年02月14日 17:40

【業界ウォッチ】ヤマダ電機・大塚家具コラボ店舗

  家電はネット販売がさらに勢いを増しており、家電量販店はその対策に追われているが、自らサイトを設ける一方、リアルの店舗の魅力を高めるため施策を講じている。

2020年02月14日 10:30

収益の伸び鈍化~ホームセンター大手の2~3月期決算

  ホームセンター上場大手7社(売上高1,000億円以上)の2~3月期決算は収益の伸びが鈍化する見通しだ。人口減と高齢化による市場縮小に加え、消費増税前の駆け込み需要による反動減が長期...

2020年02月13日 14:00

ハンズマン12月中間~微減収・小幅減益

  ハンズマンの2019年12月中間決算は、前期比で売上高が0.1%減、経常利益1.6%減と微減収・小幅減益だった。出店はなかった。

2020年02月12日 11:40

販管費削減で2.7%経常増益確保~ナフコ第3四半期、売上は2.2%減

  ナフコの第3四半期(2019年4~12月)決算は、店舗減と既存店不振で前年同期比2.2%の減収になったが、販管費削減で経常利益は2.7%の増益を確保した。

pagetop