HOME > 企業・経済

流通

2019年11月11日 17:01

【業界ウォッチ】スポーツオーソリティ アーバンステージ

  イオンのスポーツ専門店「スポーツオーソリティ」は、新業態の「スポーツオーソリティ アーバンステージ 」を10月25日開業した広域型ショッピングセンター「テラスモール松戸店」(千葉県...

2019年11月10日 07:01

スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(14)~精肉の条件

   生鮮のなかで唯一、加工食品に近いのが精肉である。精肉は鮮魚と違い、その加工工程の大きな部分をベンダーが担っていて、店舗は最終加工とパッケージング作業をすれば商品として店頭に並...

2019年11月09日 07:01

スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(13)~水産の大型チェーンは難しい

   生鮮は売り場の量感が販売量に密接に関係する。たとえば、牛乳や卵、あるいは砂糖やサラダオイルといったものなら、売り場に一個あれば購入が可能である。しかし、生鮮4品になるとそうは...

2019年11月08日 10:01

【業界ウォッチ】ドン・キホーテ「マシュマロ構想」

   小売業では、AI・ITの活用によるデジタル化の動きが活発化しており、物流、在庫管理、情報システムに限らず、店舗の魅力を高めることにも活用しようとしている。  「ドン・...

2019年11月07日 09:30

イオンが描く戦略 パラダイムシフトの先に見据える未来(後)

  彌方策に明日はない  いま、米国の百貨店や専門店の大量閉店や倒産が取りざたされているが、その理由は時代遅れになったビジネスモデルに改善という手段でしか対応しなかったから...

2019年11月06日 16:02

イオンが描く戦略 パラダイムシフトの先に見据える未来(前)

   企業の寿命30年。1983年ごろのある業界誌の表現だが、それは今や定説になった感がある。複数の情報調査会社の調べでは戦後の会社の設立から倒産までの平均年数は27年余り。確かに3...

2019年11月06日 13:56

イオン流とローカライズで事業を展開 アジアにおける成長機会を獲得し(後)

  カンボジアではブームを巻き起こし、人が押し寄せる大盛況  カンボジアは青空市場や旧態依然とした百貨店があるくらいで商業は遅れていた。そこに14年6月、「イオンモールプ...

2019年11月05日 16:35

イオン流とローカライズで事業を展開 アジアにおける成長機会を獲得し(前)

  イオンは人口減少にともなう国内市場の収縮により、中間層が増加し消費の拡大が見込まれるアジアにフォーカスしようとしている。まず、海外モール事業で中国に進出、アセアンにも地域を...

2019年11月01日 11:48

えび天1本増量キャンペーン開始 Hotto Motto(ほっともっと)

   (株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗でえび天1本増量キャンペーンを開始した。 ...

2019年11月01日 10:20

リアルの売り場をイノベーションで刷新 失地回復を図り、新たな需要も喚起(後)

  「キッズリパブリック」は体験できる場とサービスも提供 人気の「キッズリパブリック」  キッズリパブリックは、14年11月、「イオンモール倉敷」1...

2019年10月31日 15:21

リアルの売り場をイノベーションで刷新 失地回復を図り、新たな需要も喚起(中)

  衣料品復活の切り札「インナーカジュアル」もSPAで改革  ユニクロを始めとする有力専門店に侵食された衣料品は、SPA志向が鮮明な新業態のインナーカジュアルが切り札。 ...

2019年10月31日 09:49

リアルの売り場をイノベーションで刷新 失地回復を図り、新たな需要も喚起(前)

  リアルとネットがせめぎ合うなかで、イオンは国内最大の売り場を有するリアルの雄である。近年、新たな手法で売り場や品ぞろえの拡充に取り組み、商品開発にも力を入れ、競争力を高めて...

2019年10月30日 14:07

スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(12)~生鮮の消化仕入れ

  お客にとって価格変更はショッピングストレスとなる。たまの値下げはお客にお得感を与えるが、それが繰り返されるとそのうちに値下げされた商品しか買わなくなる。かといって、値下げをしないと...

2019年10月30日 10:06

【業界ウォッチ】焼き芋ブーム

  秋は食欲の秋、サツマイモも収穫の時期を迎えているが、冬にかけて街中で「焼き芋」の屋台を見かけることも少なくなった。

2019年10月30日 07:00

食品とレストランの融合「グローサラント」で食品売り場をイノベーション

  食品とレストランの融合「グローサラント」でSMの売り場を活性化し、即食需要を喚起し、買ってすぐ食べる「ここdeデリ」を展開し、新しい食シーンを現出させたイオン。店舗過剰に加え、ドラ...

pagetop