HOME > 懲戒・処分

懲戒・処分

2019年12月25日 10:38

【税理士】豊嶋 徹 京都府:業務停止1年3月

  被処分者は、税理士法人ではないA社およびB社が、各社の判断に基づいて作成した複数社の法人税、消費税および地方消費税の確定申告書などに署名捺印するなど、「名義貸し」行為を行った。

2019年12月25日 10:36

【税理士】藤原 浩一 大阪府:業務停止8月

  被処分者は、税理士ではないAが、Aの判断に基づいて作成した複数者の所得税ならびに消費税および地方消費税の確定申告書などに署名捺印する「名義貸し」行為を行った。

2019年12月25日 10:29

【税理士】田中 五生 兵庫県:業務停止1年

  被処分者は、関与先である医療法人Aの法人税の確定申告にあたり、売上の一部を除外することによって、所得金額を圧縮した申告書を作成した。

2019年12月25日 10:07

【弁護士】中津 晴弘 東京:業務停止1月

  被懲戒者は、私道に関する相談を受けていた。その際、何らの事件または事務の委任を受けていない段階で、過度に広範となるにもかかわらず、戸籍謄本、原戸籍謄本、戸籍の附票について職務上請求...

2019年12月25日 09:35

【弁護士】村岡 徹也 第二東京:業務停止1月

  被懲戒者は、A、BおよびCが共謀、主導して売買代金の少なくとも一部を取得するために、(株)Dおよび懲戒請求者である(株)Eに虚偽の事実を告げた。

2019年12月24日 16:10

【弁護士】平間 民郎 東京:業務停止2月

  被懲戒者は、2013年12月21日、不動産売買の仲介業務を営む懲戒請求者に紹介した依頼者の不動産売買契約締結の場に被懲戒者が雇用する事務職員Aを立ち会わせた。しかし、その指導監督を...

2019年12月24日 16:10

【司法書士】津元 太朗 横浜地方法務局:業務禁止

  被処分者は、2012年11月頃、Aの成年後見人に選任され、被後見人の財産管理などの業務に従事し、その後、2018年に被後見人が死亡したことにより、同人の相続財産を相続人に引き継ぐま...

2019年12月24日 16:10

【司法書士】向島 茂 静岡地方法務局:業務停止1週間

  被処分者は、2009年5月頃に受け付けた贈与を原因とする所有権移転登記を代理申請するにあたり、登記義務者に対する面談等の本人確認および登記申請意思確認を行わずに、同登記を申請して完...

2019年12月24日 16:10

【行政書士】間嶋 孝 岡山行政書士会:業務停止1月

  被処分者は、2016年11月1日に広島入国管理局へ行った在留資格認定証明書交付申請について、自らの業務の遅延を隠蔽する目的で、申請受理票の申請日及び在留資格認定証明書不交付通知書中...

2019年12月17日 15:29

【弁護士】佐藤 貴一 大阪:戒告

  被懲戒者は、懲戒請求者からの委任を受けて、2015年1月5日に損害賠償請求訴訟を提起した。しかし被懲戒者からの連絡がほとんど通じず、ほかの手段で連絡をつけることを検討すべきであった...

2019年12月17日 15:29

【弁護士】平井 康博 大阪:業務停止6月

  被懲戒者は、被相続人Aの依頼に基づきAの全財産を相続人のうちBに相続させ、被懲戒者を遺言執行者とする内容の公正証書遺言の作成をした。その後、Aが2012年9月29日に死亡し、同年1...

2019年12月17日 15:29

【弁護士】西河 修 静岡:戒告

  被懲戒者は、懲戒請求者から2017年10月26日に自己破産の申立てについて委任を受けた。しかし、上記申立てを防げる特段の事情がなく、かつ2018年1月末頃には上記申立ての準備ができ...

2019年12月17日 15:28

【弁護士】松井 正広 群馬:戒告

  被懲戒者は、2018年8月23日午後7時過ぎ頃から午後9時30分頃までの間、飲食店において、Aから不貞行為の事実関係を聞き出すにあたり、机をたたいてAを威嚇するなどした。さらには、...

2019年12月17日 15:28

【弁護士】宮之原 陽一 第一東京:業務停止2月

  被懲戒者は、Aおよび懲戒請求者Bの父親Cが作成した遺言公正証書の内容を知っていた。にもかかわらず、2016年8月2日にCの相続が開始した後、Aが上記内容に反した相続登記手続を行うこ...

2019年12月16日 10:01

【弁護士】小林 芳郎 東京:戒告

  被懲戒者は、懲戒請求者である(株)A、その子会社である(株)BおよびA社の当時の代表取締役Cを被告として提起された損害賠償請求訴訟を受任する際に、B社との間で、A社、B社およびCの...

pagetop