2024年06月18日( 火 )

流通

フォローする

気になるタグをフォローすると、後でまとめ読みができます。

【流通大競争時代】上場5社2~3月期、価格戦略で明暗 今期、値上げ効果一巡
 イズミを除く上場5社(子会社を含む)の2024年2~3月期決算は増収増益3社、増収減益と減収減益が各1社と明暗を分けた。
【クローズアップ】現場主導、コスト削減で躍進するロピア M&A、SPAが今後の発展のカギに
 ディスカウント食品スーパー「ロピア」のOIC(オイシー)グループの2024年2月期の売上高は4,126億円。10年間で約7倍と急成長。
【流通大競争時代】イズミ、「サニー」買収 業界地図、塗り替わる
 イズミは8月1日、西友の九州69店舗を買収する。食品スーパー(SM)の売上高では一気にイオン九州に次ぐ九州2位に浮上、店舗数では福岡県トップに躍り出、業界勢力図が大きく塗り替わる。
トライアル、上場で出店加速 低利益率は改善進む
 トライアルホールディングス(HD)は3月21日、東証グロース市場に上場した。株式市場全体の好況もあって、株価は公募価格の1,700円を大幅に上回って推移している。
【企業研究】サンリブ、新体制が発足 収益改善迫られる
 サンリブは2月12日付けで3年9カ月務めた菊池毅社長が退任し後任に眞田義文専務総務管理本部長(61)が就任する新体制をスタートさせた。
【クローズアップ】業態の開発・進化、取扱商品拡大で成長を続けられるか
 2018年9月、新業態「WORKMAN Plus」を出店して以来、(株)ワークマン(群馬県伊勢崎市、小濱英之代表)の売上高はここ5年で売上は倍増し2,000億円に迫る勢いだ。
ファンファクトリー栄周船寺跡地にドラッグコスモス出店
 福岡市西区周船寺3丁目、JR周船寺駅から徒歩10分程度の場所で営業していたパチンコホール「ファンファクトリー栄周船寺」跡地に、「(仮称)ドラッグコスモス周船寺3丁目店」が出店する。
【企業研究】ITから小売、そしてまちづくり 1年越しで東証グロース市場へ新規上場
 ディスカウントストア大手として知られる(株)トライアルホールディングスが、一見畑違いにも思える九大・箱崎キャンパス跡地再開発に名乗りを上げたことでも世間の耳目を集めている。
【企業研究】値下げ裏目で収益悪化 本業赤字、手詰まり否めず
 (株)ミスターマックス・ホールディングス(HD)の業績が振るわない。2024年2月期の経常利益は前期比35.9%減の大幅減益に沈む。
【クローズアップ】ドラッグストア勢力地図 イオンが動いて激変か
 イオンはドラッグストア業界2位のツルハホールディングスの株を取得し、傘下の業界1位のウエルシアホールディングスと経営統合する検討に入った。この動きを見て業界再編も加速しそうだ。
【小売こぼれ話】流通革命の最前線 小売の自動化とデジタルシフト
 小売に限らず、イノベーションはある日突然生じる。スーパーマーケットのレジ。昨日までと違った機械が鎮座し、レジ係がいなくなる。お客が自分で商品価格をスキャンし、機械が指示する金額を機械に支払う。
【小売こぼれ話】コスモス薬品・トライアル 九州発ユニーク小売業の東進戦略(後)
 失われた30年が過ぎたいま、エフェクチュエーションという起業理論が我が国でも注目されている。独特の複数視点から現状の問題と将来への対応を考えるという経営手法だ。
【業界を読む】ホームセンター苦戦続く市場縮小、再編は不可避
 ホームセンターの収益環境が厳しい。年商1,000億円以上の上場大手7社の今期決算は、5社が経常減益になる見通しだ。
コスモス薬品・トライアル 九州発ユニーク小売業の東進戦略(前)
 失われた30年が過ぎたいま、エフェクチュエーションという起業理論が我が国でも注目されている。独特の複数視点から現状の問題と将来への対応を考えるという経営手法だ。
寡占化強まるドラッグストア 大手5社シェア、5割超す
 ドラッグストア業界では大手の大量出店とM&A(合併・買収)で上位集中化が進んでいる。ウエルシアHDやツルハHDなどの大手は並行して食品拡大に乗り出している。業態の垣根を越えた競争が激化する。
どうする小売 2024年の物流問題
 物流の2024年問題。小売業にも大きな影響が予想され、当面の対応と効率的な物流網の構築など中長期的な改革のための新たな戦略が求められている。
【業界を読む】百貨店、コロナ収束で業績回復 厳しい福岡市以外
百貨店の業績がコロナ禍収束で回復している。今期の売上高は富裕層向けの好調も加わって大手7社は3期連続の増収で、岩田屋三越…
【小売こぼれ話】2023年、新たに九州流通戦争が始まる
 コロナが小売やサービス業に与えた影響が薄まり、従来の裸の競争が戻ってきた。小売の話題は原材料高から来る店頭価格の高騰だ。
【2023年 流通・小売業界を振り返る】記者座談会:1位食品値上げ、2位ロピア進出 九州流通業界5大ニュース
 2023年は食品をはじめとした物価高騰で幕を開け、高止まりしたまま終わろうとしている。
【2023年 流通・小売業界を振り返る】2023年小売業界回顧 激変の予兆
 コロナが落ち着き、日常が戻りつつあるいま、あらゆる点で岐路に立たされている小売業は環境与件の変化に対応し、新たな挑戦が求められている。