2024年05月27日( 月 )

未来トレンド分析シリーズ

フォローする

気になるタグをフォローすると、後でまとめ読みができます。

ノストラダムスの予言は的中するのか?24年は第3次世界大戦の始まりの年!?(後)
 ゼレンスキー大統領はロシアとの戦争を口実に3月に予定されていた大統領選挙の無期延期を宣言してしまいました。
ノストラダムスの予言は的中するのか?24年は第3次世界大戦の始まりの年!?(前)
 ノストラダムスは年代ごとに未来を紐解く詩編を残しています。そして2024年には極めて凄まじい出来事が連続して起きるというのです。
人工知能(AI)が人間を支配する時代が迫る!(後)
 「私たちが進化の過程で学んできたすべての出来事が、現実ではなく作り話によって取って代わられるような事態が起こるのです」と、ペンシルバニア大学アネンバーグ公共政策センターのキャスリーン・ホール・ジェイミソン所長は述べています。
人工知能(AI)が人間を支配する時代が迫る!(前)
 数学者にして人工知能研究の第一人者でもあるベン・ゲーツェル氏は、「人工知能が以前に予測されていたよりもはるかに早く、2027年までに人間の知能を超える可能性がある」と警告を発しています。
ロシアの近未来を左右するプーチン大統領の新たな恋人(後)
 プーチン大統領の新たな恋人として注目を集めているエカテリーナ・ミズリナさんについて、とくに注目すべきは弁の立つ知性派ということです。
ロシアの近未来を左右するプーチン大統領の新たな恋人(前)
 大統領選挙で圧勝し「終身皇帝」と化しているプーチン大統領。ただ、選挙前にはイメージの改善を図る様子も見られた。その元気と若さの秘訣は新たな恋人の存在であり、その恋人がネット戦略においても大きな役割をはたしている。
自然災害が増加するなか高まる人工衛星ビジネスへの期待(後)
 排他的経済水域(EEZ)の面積で世界8位の“海洋大国”日本。政府は2022年、「経済安全保障重要技術育成プログラム」を立ち上げた。その中心に位置づけられている「衛星VDES」は「海のDXの基盤技術」に他ならない。
自然災害が増加するなか高まる人工衛星ビジネスへの期待(前)
 このところ、日本に限らず、世界各地で地震や火山の噴火、そして洪水など自然災害が急増し、大きな被害をもたらしている。そのため、各国とも災害の予知や復旧支援活動を推進するために知恵を絞っている。
イスラエル・ハマス戦争の隠された真相 ガザ沖の天然ガスと石油をめぐる利権(後)
 イスラエル・ハマス戦争に対し、アメリカは「イスラエルとは一心同体だ」と明言し、軍事支援を約束しています。
イスラエル・ハマス戦争の隠された真相 ガザ沖の天然ガスと石油をめぐる利権(前)
 昨年10月7日に突然勃発したと報道されたイスラエル・ハマス戦争は、背後に長年にわたるガザ沖合30kmに存在する「ガザ・マリーン」と呼ばれる巨大な天然ガスの開発権利をめぐる争いの歴史が隠れています。
キッシンジャー博士の遺言 食料こそ国際政治の最大の武器(後)
 「知らぬは日本のみ」は外交の世界だけの話ではありません。
キッシンジャー博士の遺言 食料こそ国際政治の最大の武器(前)
  岸田首相は政治資金パーティーの杜撰な会計処理問題で新たな苦境に追い込まれています。アメリカのバイデン大統領は認知症の症状が悪化しているのか、台湾有事に関してもロシア政策においてもぶれが見られます。
世界大戦を前にフィリピン国会で演説する岸田首相(後)
 アメリカのバイデン政権は「ウクライナ、イスラエルの次はフィリピン周辺が国際的な対立、戦争の舞台となる...
世界大戦を前にフィリピン国会で演説する岸田首相(前)
 10月7日に突然、勃発したように報道されているイスラエル・ハマス戦争ですが、その背景には長年に渡るガザ沖合30kmに眠る膨大な天然ガスの開発利権をめぐる争いの歴史が...
人口世界一となったインドの未来 中国との覇権争いの行方(後)
 インドは「ゼロの発見」に象徴されるように数学教育に秀でています。そのため、IT人材の宝庫ともいわれるほどで、日本を含め欧米各国ではインド人のITエンジニアの活躍が目白押しです。
人口世界一となったインドの未来 中国との覇権争いの行方(前)
 近年、インドの躍進が世界の注目を集めています。人口では中国を抜き、世界一の人口大国の座を手にしたばかりです。
ハワイ・マウイ島大火災 自然災害か、それとも人災か?(後)
 8月に大規模な山火事が発生し、多くの死傷者を出したハワイ・マウイ島では、日本企業も関わるスマートシティに関するプロジェクトが予定されていました。
ハワイ・マウイ島大火災 自然災害か、それとも人災か?(前)
 ハワイのマウイ島で8月に発生し、多くの死傷者を出した大規模な山火事は、被害拡大を防止するための措置が不十分で、自然災害ではなく人為的な災害ではと疑わざるを得ない要素がいくつもあります。
台湾有事への日米の対応の限界 衰える米国と準備のない日本(後)
 蔡英文総統および来年1月の総統選挙に立候補する予定の与野党の候補者とも会いました。麻生氏は軍事的圧力を強める中国の動きに懸念を表明したうえで、「台湾有事の可能性が高まっている。
台湾有事への日米の対応の限界 衰える米国と準備のない日本(前)
 安倍晋三元首相はあの世でハラハラしながら、昭恵夫人の言動を眺めているに違いありません。彼女は先月、日華友好議連のメンバーらとともに台湾の高雄に建てられた故安倍首相の記念碑を訪れました。
  • 1
  • 2
  • 6