2024年06月21日( 金 )

松岡秀樹

フォローする

気になるタグをフォローすると、後でまとめ読みができます。

目に見える断熱仕様の提案(後)
目に見える断熱仕様の提案(後)
 「住宅の資産価値を高める政策」も求められている。住宅は現在の法律では、木造なら20年後に価値がゼロになる。アメリカでは、国民が住宅のために支払った費用が長期にわたって有効活用される。
企業・経済 一般 ついに始動 九大箱崎キャンパス跡地|まちづくりvol.72
目に見える断熱仕様の提案(中)
目に見える断熱仕様の提案(中)
 かつて日本の住宅にはガラスの入った窓がなく、すだれや御簾が家の内部と外部を仕切っていた。そして平安時代以降には、蔀(しとみ)といわれる格子を取り付けた板戸が窓のような役割をしていた。
企業・経済 一般 ついに始動 九大箱崎キャンパス跡地|まちづくりvol.72
目に見える断熱仕様の提案(前)
目に見える断熱仕様の提案(前)
 バケツには穴がたくさん空いていて、下から水が漏れ出している。バケツを水でいっぱいにするためには、「A:もっと水を注ぐ」「B:穴をふさぐ」のどちらを選ぶのが最適だろうか?
企業・経済 一般 ついに始動 九大箱崎キャンパス跡地|まちづくりvol.72
「孤独」の処方箋(後)―孤独を楽しむ間取りとは―(4)
「孤独」の処方箋(後)―孤独を楽しむ間取りとは―(4)
 ハードからの改善アプローチは限られてくるが、それでもいくらかは貢献できるはずだ。
企業・経済 一般 2024地価公示|まちづくりvol.71
「孤独」の処方箋(後)―孤独を楽しむ間取りとは―(3)
「孤独」の処方箋(後)―孤独を楽しむ間取りとは―(3)
 私たちはスマホやタブレットが手放せない。仕事でパソコンを使用している人なら、一日のほとんどの時間、スクリーンに映る情報に晒されていることだろう。
企業・経済 一般 2024地価公示|まちづくりvol.71
「孤独」の処方箋(後)―孤独を楽しむ間取りとは―(2)
「孤独」の処方箋(後)―孤独を楽しむ間取りとは―(2)
 「暇だ」「話し相手がほしい」「自分にイライラしている」「人生に対する不安や不満を、誰も本気で聞いてくれない」ことで、“キレる”高齢者が増えているという。
企業・経済 一般 2024地価公示|まちづくりvol.71
「孤独」の処方箋(後)─孤独を楽しむ間取りとは─(1)
「孤独」の処方箋(後)─孤独を楽しむ間取りとは─(1)
 日本のサラリーマンは忙しすぎる。たとえば50代以上の「モーレツサラリーマン」であれば、仕事最優先、出世や昇進を目指してがむしゃらに働くなかで、社外のコミュニティ活動などになかなか時間が取れない。
企業・経済 一般 2024地価公示|まちづくりvol.71
「孤独」の処方箋(前)、国民病を分析する(3)
「孤独」の処方箋(前)、国民病を分析する(3)
 楽しそうに、おしゃべりしながら、物を売る。近所の仲間というコミュニティや家族といった緊密なネットワークのなかで長く働き続ける「定年なく働く人たち」は、かつて日本にも大勢いた。
企業・経済 「2024年問題」にBIMは有効?|まちづくりvol.70
「孤独」の処方箋(前)、国民病を分析する(2)
「孤独」の処方箋(前)、国民病を分析する(2)
 こういった“〇〇らしさ”の縛りは、もちろん女性にも存在し、“美しくあれ”“かわいらしくあれ”といった圧力がある。
企業・経済 「2024年問題」にBIMは有効?|まちづくりvol.70
「孤独」の処方箋(前)、国民病を分析する(1)
「孤独」の処方箋(前)、国民病を分析する(1)
 日本のサラリーマンは忙しすぎる。たとえば50代以上の「モーレツサラリーマン」であれば、仕事最優先、出世や昇進を目指してがむしゃらに働くなかで、社外のコミュニティ活動などになかなか時間が取れない。
企業・経済 「2024年問題」にBIMは有効?|まちづくりvol.70
逆転ではなく「シェア」 、家事シェア時代の生活を考える(4)
逆転ではなく「シェア」 、家事シェア時代の生活を考える(4)
 ユーティリティとは、「多目的室」とも呼ばれる。とくに使い方を限定しないで、何にでも使えるスペースという意味で計画する部屋のことだ。
熊本 続・TSMC EFFECT|まちづくりvol.69 一般 企業・経済
逆転ではなく「シェア」 、家事シェア時代の生活を考える(3)
逆転ではなく「シェア」 、家事シェア時代の生活を考える(3)
 一般的に、女の子のほうが家事に関心を持ち、男の子はあまり関心を持たずに来る傾向が強かった。親も娘には熱心に家事を教えても、息子にはあまり教えてこなかった。
熊本 続・TSMC EFFECT|まちづくりvol.69 一般 企業・経済
逆転ではなく「シェア」 、家事シェア時代の生活を考える(2)
逆転ではなく「シェア」 、家事シェア時代の生活を考える(2)
 遅刻、宿題忘れ、忘れ物…その他、学校で子どもが問題を起こすと、とりあえず学校から家庭に電話がかかってくる。
熊本 続・TSMC EFFECT|まちづくりvol.69 一般 企業・経済
逆転ではなく「シェア」 、家事シェア時代の生活を考える(1)
逆転ではなく「シェア」 、家事シェア時代の生活を考える(1)
 日本の社会がなかなか変われないのは、「男は〇〇〇、女は△△△」といった思い込みからかもしれない。家庭における責任や労働を手放し、身軽になった男たちは、企業社会にとって好都合だった。
熊本 続・TSMC EFFECT|まちづくりvol.69 一般 企業・経済
家事の伝承と「家」を考える(4)
家事の伝承と「家」を考える(4)
 炊事という言葉をほぼ死語にした決定打は、コンビニエンスストアだろう。24時間営業という業態もさることながら、おにぎり、弁当、惣菜、おでんといった典型的な家庭料理を商品化した点が画期的だった。
協力会運営|まちづくりvol.68 一般 企業・経済
家事の伝承と「家」を考える(3)
家事の伝承と「家」を考える(3)
 大正期、電力会社は余剰電力を家庭用電熱として売るため、それまで輸入に頼っていた家電製品を次々と国産化させ、炊事の合理化を進めた。
協力会運営|まちづくりvol.68 一般 企業・経済
家事の伝承と「家」を考える(2)
家事の伝承と「家」を考える(2)
 建築設計とは、部屋の数をそろえ、柱を立て、屋根を載せ、どういう仕上げをするかを決定することだとしか思っていない人が多い。
協力会運営|まちづくりvol.68 一般 企業・経済
家事の伝承と「家」を考える(1)
家事の伝承と「家」を考える(1)
 かつて「家事のさしすせそ」という言葉があった。裁縫・しつけ・炊事・洗濯・掃除の頭文字を並べて家事の教えとしたものだ。
協力会運営|まちづくりvol.68 一般 企業・経済
歴史と住民でつくるべき「楽しい日本」のランドマーク(4)
歴史と住民でつくるべき「楽しい日本」のランドマーク(4)
 かつて大学における建築の学びは、工学系の学部内にある建築学科が主流だったが、ここ10年余の間に、建築学部に改組する大学が増えている。
一般 企業・経済 福岡「跡地」動向|まちづくりvol.67
歴史と住民でつくるべき「楽しい日本」のランドマーク(3)
歴史と住民でつくるべき「楽しい日本」のランドマーク(3)
 今の日本において、日本人が共通できる「道徳観」とは何なのか。それが次の日本の“カタチ”を決めるのかもしれない。
一般 企業・経済 福岡「跡地」動向|まちづくりvol.67
  • 1
  • 2
  • 6