2024年07月21日( 日 )

「山形屋」の検索結果

NowPrinting...
減資で税負担軽減へ
270年の業歴を有する百貨店㈱山形屋は、2021年2月期に大幅減収を余儀なくされ14億円を超える営業赤字を計上。税負担軽…
コロナ禍で百貨店の財務体質悪化 一段と厳しい井筒屋、山形屋、トキハ
コロナ禍で百貨店の財務体質悪化 一段と厳しい井筒屋、山形屋、トキハ
九州の主要百貨店6社の今期決算はコロナ禍の直撃で収益悪化を避けられない見通しで、自己資本比率の低い井筒屋、山形屋、トキハは財務体質が一段と悪化する...
【コロナ下の流通業界特集(2)】上位21社売上高ランキングの変遷 激変の2019年、企業間格差が鮮明
【コロナ下の流通業界特集(2)】上位21社売上高ランキングの変遷 激変の2019年、企業間格差が鮮明
2001年末、系列スーパーや専門店、外食子会社を含めた連結で3,157億円、単体で2,416億円を売り上げていた寿屋が民事再生法適用を申請し、九州流通業界を震撼させた。創業オーナーによる過大な拡大戦略とその後を継いだ銀行出身トップの無為無策が原因だった...
自己資本比率ランキング 首位はマルキョウ84.6% 最下位は山形屋ストア2.2%
自己資本比率ランキング 首位はマルキョウ84.6% 最下位は山形屋ストア2.2%
貸借対照表の把握できた主要27社の前期の自己資本比率を調べたところ、最高はマルキョウの84.6%、2位ハンズマン73.7%、3位タイヨー70.4%の順だった…
コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至
コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至
コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字になる...
NowPrinting...
減収に歯止めかからず
独立系地場百貨店としての牙城を守ってきた(株)山形屋の2020年2月期は2.9%の減収となった。営業黒字を回復したものの…
【鹿児島】ここに行けば手に入る!~トイレットペーパー&ティッシュ(在庫最新情報)
【鹿児島】ここに行けば手に入る!~トイレットペーパー&ティッシュ(在庫最新情報)
新型コロナウイルスの感染者が増加したことによって広がった誤った情報の影響で、鹿児島市内では一部商品の入手が困難な状況が続いている。
消費増税、売上不振に拍車~百貨店、構造不況から脱却の道は?
消費増税、売上不振に拍車~百貨店、構造不況から脱却の道は?
消費増税後、百貨店の売上低迷に拍車がかかっている。書き入れ時の昨年12月は前年同月比で福岡市4店(岩田屋、福岡三越、博多大丸、博多阪急)が4.4%減、福岡市を除く九州全体では9.9%減と大きく落ち込んだ。アパレル市場の縮小という構造要因に加え、増税で主力客層の中間所得層が節約志向を強めているのが響いている。
「れいわが始まる 山本太郎 全国ツアー 第二弾・九州」~10月15日から
「れいわが始まる 山本太郎 全国ツアー 第二弾・九州」~10月15日から
れいわ新選組の山本太郎代表による全国ツアーの第2弾が10月15日から28日までの期間、2度に分けて九州で行われる。
井筒屋が3店舗閉鎖~厳しさ増すデパート業界(3)
井筒屋が3店舗閉鎖~厳しさ増すデパート業界(3)
~呉服商から百貨店へ~【表1】を見ていただきたい。百貨店の設立母体に呉服店が多いのがわかる。江戸時代から呉服商は地域経済…
九州の百貨店の店舗別売上高ランキング(2016年度)
九州の百貨店の店舗別売上高ランキング(2016年度)
増収は博多阪急と沖縄のリウボウの2店のみ百貨店市場の縮小に歯止めがかからない。2016年(暦年)の百貨店の売上高(既存店…
福岡市4百貨店のうち3百貨店が増収~インバウンド消費が明暗を分ける(後)
福岡市4百貨店のうち3百貨店が増収~インバウンド消費が明暗を分ける(後)
1m2当たりの売上高は鹿児島の山形屋がトップ百貨店がどれだけの競争力を持っているのか、売上高を比較するだけではわからない…
NowPrinting...
事業環境変化の対応に遅れ
山形屋グループの(株)日南山形屋は、3期連続で最終赤字を計上。消費スタイルの変化や周辺人口の減少への対応が課題となってい…
NowPrinting...
利益回復も止まらぬ減収
山形屋グループの卸部門・山形屋商事は、2013年以降黒字を確保しているが、いまだ債務超過に陥っており、財務体質の改善が課…
NowPrinting...
増収も2期連続赤字に
老舗百貨店「山形屋」を母体に持つ(株)山形屋ストア。近年、競合激化により減収に歯止めがかからない状況が続いていたが、15…
消費増税駆け込み反動で減収、増収店は博多阪急のみ!(前)
消費増税駆け込み反動で減収、増収店は博多阪急のみ!(前)
アベノミクス効果で息を吹き返した百貨店業界。インバウンド(訪日外国人)消費という追い風も吹いた。ただし、この恩恵に浴した…
NowPrinting...
新体制で巻き返し図る
百貨店「山形屋グループ」の一角を占める(株)宮崎山形屋。ここ2期はゆるやかな増収を見せていたが、2015年2月期は減収と…
NowPrinting...
再度赤字転落
南九州の名門百貨店山形屋は2015年2月期に再度営業赤字に転落。一部百貨店が業績を回復させるなか、その波に乗れない地方の…
NowPrinting...
淘汰の時代に生き残れるか?
鹿児島県薩摩川内市の(株)川内山形屋は北薩地区の名門百貨店として、相応の知名度を有する。しかし、業績は年々低下傾向にあり…
NowPrinting...
減収に歯止めかからず
老舗百貨店の山形屋を母体に持つスーパーマーケット運営の(株)山形屋ストア。近年は競合店が増加したことで、減収傾向に歯止め…