わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年04月11日 16:14

目前に迫る「2025年問題」~介護保険が維持できなければ「日本沈没」(前)

 介護保険制度について調べると、まず介護費用が膨れ上がっていくスピードに驚かされる。制度が始まった2000年度は3.6兆円だったが、09年に7.4兆円と10年足らずで2倍超となった。16年度予算では10.4兆円と3倍以上だ。一般会計歳出総額は96兆7,218億円となっており、介護給付費だけで実に1割強を占める。福岡県の担当者も「社会保障費の増大は財政を圧迫している」として、このままの状況が続けば破たんしてしまうと危機感を露わにした。

 介護給付費が増大している理由が少子高齢化であることは言うまでもないが、高齢者が増えるといっても、それはなだらかな上昇曲線を描くというわけではない。年代別人口比率も考え合わせる必要がある。つまりある年代に人口が集中していれば、一気に膨れ上がるインフレーション現象が起こってしまう。代表的なのが団塊の世代。彼ら全員が75歳に達する2025年には総人口の4人に1人が後期高齢者となり、社会保障費が急増すると懸念されている。いわゆる「2025年問題」だ。

20160411_010 「2025年問題」に対する行政側の危機感は強い。人が年を取るのは避けられないことだけに、社会保障費を減らすことは不可能だからだ。なるべく要介護認定を受けないように、健康を維持させるという消極的対処に出ざるを得ないのもやむをえない。一方、15年には介護保険の費用負担が見直された。「負担を重くしたというより、公平性の維持を図ったという内容」と県の担当者は説明する。利用者負担の原則1割は変わらないが、一定以上の所得がある人は2割に引き上げられた。お金を持っている人はもっと利用料を払ってください、ということだ。低所得であれば1割は維持されるので、全体で負担が上がったということはできない。

 福岡市の65歳以上人口は16年1月末現在で30万5,910人。高齢化率は20.4%で、4人に1人が年金受給者ということになる。国の推計では15年の全国高齢化率は26.8%となっており、それに比べれば低いとは言えるものの、だからといって喜んでいられる状況ではない。福岡市の要介護認定者は6万2,277人で認定率は20.4%。つまり高齢者の4人に1人、単純に計算すると全体の8人に1人が介護サービスを利用していることになるのだ。これは決して遠い距離ではない。「2025年問題」を待つことなく、介護はより身近に迫りつつあるのだ。

 介護給付費のうち、施設の利用費はどうしても高額になる。そこで国は施設から在宅介護に主流を変えようと動き出した。しかし老老介護の問題はまだ解決されないまま、担い手は現役世代に移ろうとしている。

 そこで新たに浮上したのが介護離職だ。国も2016年度予算のポイントのトップに「介護離職ゼロ」を掲げている。一億総活躍社会の実現をうたっているが、裏返せば事態はそれほどまでに深刻だということを示す結果となった。福岡市でも今夏には介護サポートセンターを設置し働く人の介護を支援することにしているが、抜本的な解決方法とはとても言い難い。

 一般的に高齢者の親を抱えることになるのは40代以上。企業にとっては主力、または中核となる年代である。最も活躍しなければならない人たちが親の介護のために職場を離れるということは、企業にとっても大きな損失である。行政に不満をぶつけるばかりではなく、自らも身を切る努力をしなければ、この社会は持たなくなる時代を迎えたのだ。

(つづく)

【平古場 豪】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月05日 08:00

コロナ拡大後に「自宅で食事を食べる回数」が増えた人は35.5%~農水省の調査

 農林水産省がこのほど公表した2020年度「食育に関する意識調査」結果から、新型コロナウイルス感染症の拡大前と変化した点について、「自宅で食事を食べる回数」の増加を挙...

2021年05月05日 08:00

西鉄「パークサンリヤン大橋」耐震強度問題~仲盛昭二氏、弁護士懲戒請求を提出!(7)

 前回に続き、原告側弁護士からの質問に対する仲盛氏の回答を以下に紹介する...

2021年05月05日 07:00

【特別対談】ピエトロ新工場を起点に、賑わい&活力を古賀市全域へ――(前)

 『当社では現在、古賀市の食品加工団地内に3つの工場を構え、ここですべての製品の製造を行っています。一番新しい第三工場は昨年竣工したばかりなのでまだ大丈夫ですが、第一...

2021年05月05日 07:00

【熊本】城下町の面影残す中心市街地、九州第3位・熊本市の今昔――(4)

 1891年7月には、九州鉄道の高瀬(現・玉名駅)~春日(現・熊本駅)間が開通。このとき、植木駅、池田駅(現・上熊本駅)も同時に開業している。当初の計画では、中心地に...

2021年05月04日 08:00

九大と丸紅、医療・ヘルスケア分野などで協定締結

 九州大学と丸紅(株)は「医療・ヘルスケア」「新技術・新素材」などの分野で「連携・協力の推進に関する基本協定書」を締結した...

2021年05月04日 08:00

西鉄「パークサンリヤン大橋」耐震強度問題~仲盛昭二氏、弁護士懲戒請求を提出!(6)

 前回に続き、原告側弁護士からの質問に対する仲盛氏の回答を以下に紹介する...

2021年05月04日 07:00

「業界の安売り体質を変えたい」社員がリードする関家具経営の心得(後)

 『家で過ごす時間が増え、家具と向き合う時間も増えたのだと思います。家具の新調需要などを受け、売上は堅調に伸びています。大川本店で実施した「新春プレミアムベッドフェア...

2021年05月04日 07:00

【熊本】産官学で総力を挙げて「新しい熊本を創る」(後)

 『コロナ禍で市中心部の繁華街でも空き店舗が目立つようになり、老舗ホテルや老舗アパレル店も閉業するなど、熊本市内にはやや疲弊感や閉塞感が漂っています...

2021年05月03日 08:00

香椎テイクアウト専門店で大人気 「フルーツサンドmori」博多マルイに期間限定オープン

 福岡市東区香椎の飲食店のテイクアウト商品が集まる「香椎テイクアウトステーション」で人気のフルーツサンド「フルーツサンドmori」が博多マルイに初めて出店している。5...

2021年05月03日 07:00

「業界の安売り体質を変えたい」社員がリードする関家具経営の心得(前)

 『みやき町では「女子サッカーのまち宣言」を行うなど、幅広くまちづくりに取り組まれており、元気のある自治体という印象をもっていました。そうしたなかで、昨年秋ごろにみや...

pagetop