• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年04月19日 07:03

父親に敗訴した大塚家具の久美子社長を襲う「売上激減」の衝撃(後)

問われるビジネスモデルの転換

 昨年3月の株主総会で父に勝利してから1年。久美子社長の経営者としての手腕が問われ始めている。

 大塚家具の2015年12月期単独決算は売上高が前期比4%増の580億円、営業利益は4億3,700万円の黒字(前期は4億200万円の赤字)に転換した。経営権をめぐる混乱に対するおわびとして昨年春に実施した「お詫びセール」や昨年末の店舗改装前の「全館全品売り尽くしセール」が堅調だった。特に全体の売上高に占める割合が高い応接家具やダイニング家具が伸びた。

 しかし、今年に入ってからは業績が振るわない。店舗改装後の売り上げは前年割れが続く。月次の売上高は、1月は前年同月比10.7%減、2月は3.7%減、そして3月は11.8%減。これは衝撃的な数字だ。

idc_ootukakagu 前年3月は、父娘のバトルが連日ワイドショーを賑わし経営が大混乱に陥った時。3月の売上高は37.8%減と激減した。今年はプラスに転じてしかるべきだが、逆に減少幅が強まった。騒動前の水準と比べると、単純計算で5割近く売り上げが落ちていることになる。
 
 久美子社長が正念場を迎えるのは5~6月だろう。昨年は「お詫びセール」で5月の売上高は70.0%増、6月は49.6%増と爆発的に伸びた。今年は、その反動で減少幅が大きく出ることは避けられない。経営者は結果がすべてだ。「お詫びセール」の反動で売り上げが激減するのは仕方がないという言い訳は通じない。

 久美子氏は勝久氏がつくり上げたビジネスモデルの変革を掲げてきた。気軽に立ち寄れるように会員制を廃止し、高価格帯の商品を縮小して中価格帯を強化した。久美子氏のビジネスモデルの成果が問われる正念場である。5~6月の売上高が前年の5割を割る事態になれば、久美子氏はピンチに立たされるだろう。

父親の高級家具販売店が開店

 一方、父親の勝久氏は、新たに立ち上げた家具販売会社匠大塚(株)(東京・日本橋)の営業を4月22日に始める。会社は15年7月に設立。勝久氏が会長で、長男の勝之氏が社長。妻の千代子氏、大塚家具前総務部長の池田真吾氏と前財務部長の所芳正氏が取締役だ。

 軍資金は勝久氏が保有していた大塚家具株。昨年8月から同社株の売却を進め、年末までに163万株あまりを売った。今年はさらに20万株を売った。これに久美子氏側に勝訴して手に入れた17億円がオンされる。

 匠大塚は高級家具を扱い、予約制で内覧を受け付け、対面販売という勝久氏がつくった大塚家具の販売手法を採り入れる。

 会員制をやめた久美子氏と、会員制を復活させる勝久氏。顧客戦略は、どちらに軍配があがるか。父娘バトルの第2ラウンドのゴングか鳴った。

(了)
【森村 和男】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月18日 07:00

なぜグランドメゾンは福岡で圧倒的ブランドなのか(後)NEW!

 グランドメゾンの特徴はその外構にあるといっても過言ではない。植栽などで深く覆われた外観は、歩行者からは一見してマンションに見えない場合もあるほどだ。たとえば百道浜O...

2019年07月17日 18:05

廃棄物のグレーゾーン「アミシタ」はどこに消えているのか

 「多くの中間処理施設では、どうしてもアミシタが発生するが、実際に管理型処分場にもち込む業者は少ない。一体どこに消えているのか」――そう話すのは、福岡県内の産廃処理業...

2019年07月17日 17:43

異色の芸術家・中島淳一氏の魅惑のアクセサリー ~エドマッチョ 福岡PARCO本店

 福岡を拠点に、絵画や演劇など幅広い芸術活動を行っている異色の芸術家・中島淳一氏。同氏が描いた本物の絵画を樹脂でとじ込めた魅惑のアクセサリー「La Monus」が、福...

2019年07月17日 16:11

IR環境アセスメントへの無知 実行計画は大幅な遅れの可能性あり

 前回、長崎ハウステンボス(HTB)へのIR Project=カジノを含む統合型リゾート施設誘致に関連して、過去の巨額な投資での開業から、現在に至る度重なる崩壊の歴史...

2019年07月17日 14:33

スマホオーダー「スマホdeくら」導入開始 福岡は8月下旬から

 回転すしチェーン「無添くら寿司」を全国に展開するくら寿司(株)(本社:大阪府堺市、田中邦彦社長)は16日、スマートフォンを活用した新サービス「スマホdeくら」を「新...

2019年07月17日 12:05

北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)

 「安い、新鮮、うまい」を合言葉に、100年にわたって北九州地元住民とともに歩み続けてきた旦過市場。2020年度の再整備事業着手に向け、市場関係者などによる詰めの議論...

2019年07月17日 12:00

まもなく町制施行100周年 次なる100年に向けた“子安のまちづくり”

 来たる100周年の記念事業としては、記念式典の開催や町史の編纂などを予定しております。町史については、実は前回編纂したのが1975年で、すでに40年以上が経過してし...

2019年07月17日 11:55

アイランドシティ 開発の現状を探る(前)

 1994年の埋立て開始から25年、いまだ開発が進むアイランドシティ。国が704億円、福岡市が2,591億円、博多港開発(株)が645億円を支出する総事業費3,940...

2019年07月17日 11:35

アビスパ、FW石津大介が手術~6日のFC岐阜戦で負傷

 アビスパ福岡(株)は17日、6日のFC岐阜戦で石津大介選手が全治8カ月の負傷をし、手術を受けることを発表した。

2019年07月17日 11:20

京楽産業.、アニメの企画・プロデュース事業に本格参入

 パチンコメーカー大手、京楽産業.(株)は、KYORAKUグループ内において、アニメ作品の企画・プロデュースを手がける新事業部門「MAGNET」を起ち上げた。MAGN...

pagetop