• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年08月29日 14:30

【9/16】 「かかりつけ薬局とHQ認証」テーマにセミナー開催

seminar (一社)日本健康食品・サプリメント情報センター(JAHFIC/田中平三理事長)は9月16日、福岡市内で「かかりつけ薬局制度とハイクオリティ認証(HQ認証)」をテーマにセミナーを開催する。

 「かかりつけ薬局制度」は、今年4月から診療報酬が改訂され、薬剤師が患者の薬の管理を行い、服用状況を把握。ほかの薬との飲み合わせや副作用などの相談、健康全般のアドバイスなどを行うことで最適な治療を目指す。
 加えて今年10月には、かかりつけ薬局の一部が、健康の保持・増進を積極的に支援する機能を備えた「健康サポート薬局」となる。厚生労働省は「全国で1万~1万5,000件の健康サポート薬局の達成を目指す」としている。多くの薬局が、これまでの処方箋薬局からサービス重視の薬局へと変化し、健康食品・サプリメントの販売に積極的に取り組んでいくと予想される。

 健康サポート薬局で販売する健康食品・サプリメントは、品質・安全性が確かでなければならず、JAHFICでは国際標準の健康食品データベース「ナチュラルメディシン・データベース(NMCD)」や、日本で報告されている薬との飲み合わせによる健康被害症例などに基づき、厳格な基準のもとで、健康食品・サプリメント製品や、その製品を構成する原材料の品質と安全性を認証・登録する制度「ハイクオリティ認証制度」を推進。同認証に対応した商品が、薬剤師向けに推薦されている。

 本セミナーではJAHFIC理事の宇野文博氏が、「ハイクオリティ認証制度」の概要と健康サポート薬局で採用される認証製品のマーケティングについて説明する。
 聴講料は無料。すでに同認証を取得している企業をはじめ、薬系ルートで新たな販路を切り開きたい、新規参入や社員教育として健康食品・サプリメントを製造・販売するにあたって必要な品質・安全性の知識を身に着けたい、と検討中の事業者にとって必見のセミナーとなる。


■かかりつけ薬局制度とハイクオリティ認証

<日 時>
9月16日(金)午後4時~6時

<会 場>
(株)データ・マックス大会議室
福岡市博多区中洲中島町2-3フジランドビル8F
(地下鉄 中洲川端駅2番出口より徒歩5分)

<講演内容>
第1部 かかりつけ薬局制度と健康サポート薬局制度について
第2部 ハイクオリティ認証製品専用販路について
 講師:(一社)日本健康食品・サプリメント情報センター 理事 宇野 文博 氏

<受講料>
無料

<定 員>
30人

<お問い合わせ>
(株)データ・マックス TEL:092-262-3388

◇お申し込みはコチラから>>


 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

pagetop