• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年05月13日 07:03

トランプ「大統領」の外交・金融政策が日本を直撃する(2) SNSI中田安彦レポート 

副島国家戦略研究所(SNSI)研究員 中田 安彦

mcas_futenma 日米安保についてトランプが語ったなかで、日本政府に衝撃を与えたのは、タイムズ紙へのインタビューの中での発言だ。この中でトランプは在日・在韓米軍撤退と日韓の核武装について肯定する発言を行っている。在日米軍については、「アメリカは日本の防衛に巨額の資金を費やす余裕はない。日本が在日米軍の駐留経費の負担を大幅に増額しなければ、在日米軍を撤退させる。(撤退は)喜ばしいことではないが、答えはイエスだ」と発言した。
 また、「私は日本が大好きだし友人もたくさんいる。日本とビジネスをしてきた。しかし、アメリカが攻撃されても日本は何もする必要がない。日本が攻撃されたらアメリカは全力で守らなければならないのにだ」と片務的な同盟に対して不満を述べた。
 日米同盟やNATOの基礎となった北大西洋条約についても片務性を脱却するために再交渉を行うとも示唆している。片務性の議論は、これは「日米同盟の日本ただ乗り論」で、アメリカの側で日本に集団的自衛権の行使容認を促す背景になった論調でもある。トランプは「我々はこれ以上他国からむしり取られる訳にはいかない。我々は、どの国とも友好であり続ける、しかし、それは我々が他国から利用され続けることは意味しない」と言っている。

 また、インタビュアーから「日本や韓国が自前の核兵器を保有して北朝鮮や中国の脅威に対抗することに反対するか」と聞かれたことに対しては、「これまで米国は裕福だったので、同盟国を防衛することができたが、将来、米国が彼らを防衛することができなくなるかもしれない。そのことが同盟国の核武装を意味するということはありうる。大きな恐ろしい問題は核兵器が拡散してしまうことだが、我々はもはや裕福ではないのも事実だ」と事実上容認する考えを述べている。日本核武装容認論は、これまでもキッシンジャー元国務長官が退任後に繰り返し表明しているものの、大統領候補がここまであけすけに語っているのは異例だろう。

 そして、候補指名を確実にした5月上旬には、CNNのインタビューでこの在日米軍撤退論を再び持ち出している。この発言を詳しく報じた韓国の聯合ニュース(5月5日付)によると、「韓国は昨年、在韓米軍の人的費用の約50%を負担したが」と聞いたインタビュアーに対して、「なぜ100%負担ではダメなのか」と日韓両国やドイツなど米軍が駐留する国に全費用を負担させるという趣旨の発言かと聞かれると、「当然だ。すべての費用を負担すべきだ」と言い切ったと報じている。

 この発言に対しては、安倍首相が4月5日に米紙WSJへのインタビューで「予見できる将来、米国の存在が不必要になる状況は考えられない」と述べているほか、菅義偉官房長官も「誰が大統領になろうとも、日米安保体制を中核とする日米同盟は我が国の外交の基軸だ」とコメントしている。ただ、閣僚の一人である石破茂元防衛大臣は、連休の訪米中に、「米国が日本を守っているのだから、その経費を負担すべきだ」というのは日米安全保障条約への認識が欠けていると批判し、「日本に米軍基地があることで地域の安定と平和に寄与しており、米国の国益にも寄与している」と認識を改めるように促した。

 同じような批判は、ジャパン・ハンドラーズたちからも出てきており、CSIS(戦略国際問題研究所)のマイケル・グリーンは、ダイヤモンド・オンラインに「トランプ氏の反日的な主張は、今日の議会や財界、学界、国民の意見とはかなり異なる」と日本人は安心してほしいと述べている。また、グリーンは外交専門誌「フォーリン・ポリシー」の電子版に複数の識者の連名で、「アジアと欧州の米軍基地はアメリカが負担しているコストを上回る」として、「代わりの基地を探すのは財政的にも戦略的にも困難で、海外の米軍兵士11万4,000人を国内に戻すとしたら、米国がコストの全額負担をしなければならなくなる」ともトランプの撤退論に現実味がないことも批判している。

(つづく)

<プロフィール>
nakata中田 安彦(なかた・やすひこ)
1976年、新潟県出身。早稲田大学社会科学部卒業後、大手新聞社で記者として勤務。現在は、副島国家戦略研究所(SNSI)で研究員として活動。主な研究テーマは、欧米企業・金融史、主な著書に「ジャパン・ハンドラーズ」「世界を動かす人脈」「プロパガンダ教本:こんなにチョろい大衆の騙し方」などがある。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月12日 17:00

【スクープ】西日本新聞のスポーツ本部長がセクハラで処分 TNC「CUBE」にも出演

 西日本新聞社の「下半身」不祥事が止まらない。既報の通り、7月に社内不倫に絡む事案で記者2人が懲戒解雇されたのに続き、8月に入ってすぐに、報道番組でコメンテーターも務...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

2020年08月12日 16:41

シノケンとTATERUが中間決算 不動産販売はいずれも減少

 12日、シノケングループ(東証ジャスダック)およびTATERU(東証一部)は、2020年12月期の中間決算を発表した...

2020年08月12日 16:36

ホークス柳田が月間MVP~6度目の受賞

 6、7月度の「大樹生命月間MVP賞」が12日に発表され、パ・リーグ野手部門で福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が2018年5月度以来、6度目のMVPを受賞した...

2020年08月12日 15:48

「新型コロナ」後の世界~健康・経済危機から国際政治の危機へ!(1)

 東京大学大学院教授の小原雅博氏は近著『コロナの衝撃―感染爆発で世界はどうなる?』で「危機はこれまでは、国家や民族意識を高めてきたが、今の私たちは監視社会でない自由で...

2020年08月12日 14:30

クイーンズヒルゴルフクラブ クラブ会員による再度の民事再生申請(後)

 クイーンズヒルの資金繰りについて「支払不能状態」とする申立人側と、「破綻する状態ではない」とする田原氏との主張は異なる。こうしたなかで、今回明らかになったのがクイー...

2020年08月12日 14:00

コロナショックでも好業績のコンテンツ産業(後)

 韓国系企業は映画のみならず、電子コミック、とくに、アプリ型の電子コミック配信サービス市場でも急成長している...

2020年08月12日 13:30

『脊振の自然に魅せられて』夏の花をめぐる山歩き

 脊振山駐車場を利用すると、脊振山系に咲いている夏の花に簡単に会いに行くことができる。8月6日(木)に向かった。午前8時時点では、脊振山駐車場の気温は23度と市街地の...

pagetop