わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年05月20日 07:01

20年前に「パナマ文書」の世界を予見!(3)

立教大学 経済学部 教授 櫻井 公人 氏

遥かに上回る大きな経済危機生み出していくことになる

 ――先生は、世界経済の転機「国家の退場」はいつ頃からとお考えですか。そのときには、すでに現在の「パナマ文書」のような世界が来ることは予測できていたことになりますね。

 櫻井 ストレンジも書いていますが、世界経済の転機「国家の退場」が起こるのは、国家が経済に対するコントロールを手放した1980年代頃からです。私は、それは主に「金融自由化」政策であり、その根底にある経済理念は「新自由主義」だと考えています。

立教大学 経済学部 教授 櫻井 公人 氏<

立教大学 経済学部 教授 櫻井 公人 氏

 その理由は2つあります。1つ目は、70年代に起きた世界的「金融危機」への対処の失敗です。
 この世界的金融危機は、国家主導の型にはまった、経済政策・金融政策が原因で招いたとされ、「『規制緩和』や『自由化』という名目で、金融を自由化して、マーケットに任せて、余計な介入はしない」ということを、先進国を中心に、世界各国首脳で政策決定しました。この経済政策・金融政策はその後、何度か小さな成功を収めることになります。

 しかし、さらにそれを遥かに上回る大きな経済危機「国家の制御する範囲を超えたマネーの暴走」を生み出していくことになるのです。すなわち、経済そのものがカジノ化してしまい、実態経済と大きく遊離していくことになりました。
 その結果、国家で、マネーのコントロールができなくなり、金融化よって「犬のしっぽ(=金融・投資活動)が、犬の頭・胴体(=実態経済)を振り回す」状態が生じたのです。

 もう1つの理由は、90年前後に起きた国際政治状況の変化です。すなわち、「冷戦の終結」およびソ連を中心とする「共産主義体制の崩壊」です。
 それまでは、市場、世界経済は、自由主義陣営、共産主義陣営と2つに分かれていました。しかし、冷戦が終結し共産主義体制が崩壊することによって、グローバリゼーションが進み、市場、世界経済が1つに収斂されていきました。

アメリカのヘゲモニーが衰退することを前提に議論した

 私の専門分野の1つでもある「国際政治経済学」の研究も、この90年代を境に大きく変化しました。
 70~80年代の国際政治経済学のテーマは、「ヘゲモニー」(覇権)に関するものでした。当時、勢いがあったのは日本で、アメリカと中国は大国でしたが、沈んで、目立たず、勢いはありませんでした。アメリカは日本に追い越されるのではという、危機感さえ抱いていました。そこでのテーマは、「ヘゲモニーの交替があるのかどうか」「ヘゲモニーをアメリカが失ったとしても、世界経済の運営はうまくやって行けるのかどうか」「各国共同で世界経済を運営していく方法はあるのかどうか」などでした。
 つまり、アメリカのヘゲモニーが衰退することを前提に議論していたのです(このとき、「実はそうではない」と主張していた少数派が、ストレンジやJ.ナイでした)。

 ところが、これが80年代末から90年代に入ると、「冷戦の終結」およびソ連を中心とする「共産主義体制の崩壊」で、国際政治経済学のテーマがガラッと変化します。90年代の初頭まで、アメリカの国際政治経済学を学ぶ学生の必須参考書は、ポール・ケネディの『大国の興亡』でした。この本では、1500年から1980年代までの大国の政治的・経済的台頭、およびその衰退の理由を探求しています。「国力(とくに軍事力)は経済力による支えが必要である」ということや「アメリカがオーバーストレッチすると、帝国の管理が行き届かなくなり、スペイン、オランダ、イギリスのように衰退していく可能性がある」ことが論じられています。

「冷戦」が終結して、ソ連中心の共産主義体制の崩壊した

 それが、90年代初頭以降は、「冷戦の終結」「共産主義体制の崩壊」、そして「金融の自由化」など一連のできごとが重なり、一気にグローバリゼーションが加速していくことになります。そして、これをアメリカ経済と中国経済がリードしていくことになりました。
 その結果、国際政治経済学のテーマも大きく変わりました。グローバリゼーションの流れに乗った新興国(BRICSなど)やグローバリゼーションの帰結としての金融危機などが、国際政治経済学上のテーマとして浮上してくるのです。

 冷戦の終結は、アメリカの一極的世界を生む一方で、「敵」であるソ連の消滅によって、移民、多文化主義をめぐる国内の分裂状況、民主主義理念の多義性も暴露されていくことになります。経済面では、旧社会主義経済の市場経済への包摂拡大は、市場経済の普遍化への方向性を示す一方で、将来的に各国間の相違、すなわち市場経済の在り方が浮き彫りにされていくことになります。

世界の主要中央銀行間で合意された規制構造の裂け目で

 ――『国家の退場』では、その領土的側面はどのように捉えられているのですか。

 櫻井 国民国家の領土的限界は、もはやその政治的権威が経済や社会に対しておよぼす範囲や限界とは一致しなくなっています。ある国家の権威の領土的限界は、地図上に描かれた境界線を超えて散逸してしまっています。たとえば、安全保障に対する構造的パワーは、これらの国境線内で、国家の政治的権威によって今でも行使されているものもありますが、すべてが国家の権威によって提供されるわけでも、脅かされるわけでもありません。

 これは国際政治経済における金融構造においてはもっと当てはまります。ストレンジも「イギリスの銀行で働くやり手のトレーダーが、シンガポールで裁定取引を十分に監督されていなかったせいで、ベアリング社を倒産させた」例や、「ニューヨークの大和銀行に勤める日本人トレーダーも10億ドルを超える損失を計上することができ、同行のアメリカ法人を閉鎖に追い込んだ」例を挙げています。そして、これらのできごとは皆、70~80年代に、世界の主要中央銀行間で合意された規制構造の裂け目で起こっているのです。
 その後にBIS規制(バーゼル合意)など、グローバル金融規制の動きも出てきますが、これらがむしろ、日本の金融危機を深刻化させ、リーマン・ショックの要因になった面さえあります。

(つづく)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
sakurai_pr櫻井 公人(さくらい・きみひと)
立教大学経済研究所長、立教大学経済学部経済政策学科教授
静岡県生まれ。81年京都大学経済学部卒業、87年同大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。阪南大学教授を経て現職。主な論文・著書に「P.クルグマンの戦略的貿易政策批判」(『阪南論集 社会科学編』第30巻第3号)、『グローバル化の政治経済学』(共編著、晃洋書房)、『現代世界経済を捉えるver.5』(共編著、東洋経済新報社)、『現代国際金融 第3版』(共編著、法律文化社)、訳書として、『マッドマネー』(共訳書、岩波書店)、『国家の退場』(共訳著、岩波書店)、『新版グローバリゼ―ション』(共訳著、岩波書店)などがある。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

2020年01月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」1月16日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月17日 12:59

デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)

 プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は10日、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗で「デラックス得丼」を発売した。

2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短...

2020年01月17日 12:35

OCHIホールディングス(株)創業の礎を守り進化させる胆力

 2010年10月1日に越智産業(株)の単独株式移転により、持株会社として設立されたOCHIホールディングス(株)。直近の2019年3月期で1,000億円の売上高を突...

pagetop