• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月06日 16:21

顧客主義を徹底する「努力」と窓まわりで活かされてきた「機動力」 福岡の未来を創る101社 

(株)サンヨー建材工業

地域トップクラスのサッシ工事実績

sanyo 「勘―感性は、私が会社を経営するのに最も大切にしているものです。感性を高めるには、常に顧客の声を聞き、その声を仕事に反映して進化させていくことであり、それを続けていくことが最も重要だと考えています。これが、弊社の理念である『努力と機動力』に集約されています」。
 こう話すのは、マンションを中心に金属建具工事を手がける(株)サンヨー建材工業の越智多見男社長。

 建具とは、住宅の開口部に取り付けられる「仕切り」の総称をあらわす。建物の外と室内を仕切り風雨を遮る、個室を作る、さらに個室内を仕切り、収納を作る。このときに使用される玄関ドアや障子、ふすま、窓やサッシなどが建具の代表的なもので、ここからみてもわかるように建具がない建物はないのだ。
 同社がメインに手がける金属建具工事とは、鋼鉄ドアやアルミサッシなどの取り付け工事のことで、ビルやマンションでは欠かせない工事を指す。とくに住居用では、断熱性や防音性ひいては防犯性など生活に関わる重要な部分にあたり、取り付ける建具によって建物の雰囲気は大きく変わってくる。
 創業前に6年間勤務した税理士事務所での経験をもとに計数管理を徹底。効率を重んじる面を見せつつも、「勘―感性」の重要性を説く越智社長だが、「とくに創業時は人の何倍も働いていた。その姿勢は今も変わっていない」―同業者からはこのようにも評価される。

 税理士事務所を退職し、サンヨー建材工業を創業した当初は木製のサッシからアルミ製のサッシへの転換が進んでいた頃で、アルミサッシは木製サッシに比べ施工が容易であることから異業種による参入が増加。競合ひしめく建具工事業界で地道な営業活動を積み重ね、飯塚地区・福岡地区で知名度を拡大。住宅用アルミサッシ、スチール・軽量製、ステンレス製建具およびガラス・鏡などの建築資材の販売および施工を手がけてきた。

『努力と機動力』で業績を拡大

sanyo3 理念である『努力と機動力』は、顧客ニーズを重視する同社のスタンスをあらわした言葉だ。発注者―元請業者―下請業者と多くの事業者が関わる重層構造の建設業界では、関係性の構築がとくに重要視される。同社もサッシ工事業者として重層構造に属しており、越智多見男社長は人脈を駆使し、専門工事業者としては他を圧倒するほどの規模を誇るまでに事業を拡大してきた。

 工期や価格、施工品質などを重視する顧客目線の戦略が功を奏し、15年9月期の売上高は13億円を越えるなど受注は好調に推移。業績を大きく伸ばしたのは、建設需要の高まりは当然ながら徹底的な顧客主義に基づいて長年蓄積してきた施工実績による同社への信頼が最も大きい。

「施工力と人脈」で信用を得る

 仕事熱心で知られる越智社長だが、とくに長年にわたって構築してきたマンションデベロッパーやゼネコン、介護施設運営会社の経営層との人脈には眼を見張るものがある。また、人脈だけでなく、その施工力を買われて継続的に受注することに成功。受注先は大手ゼネコンから地場ゼネコンまで多岐にわたっている。

 自社施工であることを活かした高い施工力で受注先からの信頼は厚い。越智多見男社長は、「特別なことはしていない。『努力と機動力』を理念に掲げ、顧客の求めるものを丁寧に聞き、それを徹底すること。それには、『勘・感性』も重要になってくる」と語る。顧客の潜在ニーズを引き出すため、コミュニケーションを密にして情報を収集。集めた情報に基づいて決断し実行する。時代の流れを読みながら、時代にあった経営を心がける。

 このように、当たり前のことを当たり前にできる経営力が同社の基盤となり、右肩上がりの受注を支える要因になっているのだ。

「ぶれずにコツコツ」、まもなく設立40周年

YKKAP(株)堀秀充社長来社時の集合写真(前列左から4番目が堀社長)<

YKKAP(株)堀秀充社長来社時の集合写真
(前列左から4番目が堀社長)

 このように、同社の強みは越智多見男社長の人脈と施工力だ。これらは経営の両輪であり、その相関性は躍進を続ける同社の原動力となっている。このように、越智社長が同社を牽引しているのは間違いないが、そのリーダーシップと理念に共感した従業員が一丸となって仕事に取り組むことで高い施工力を裏付けていることも忘れてはならない。従業員を信頼しているからこそ、越智社長は経営者としての圧倒的な努力を続けることができ、業績の拡大につなげている。

 2013年12月には、その施工実績の豊富さから主要取引先であるサッシメーカー・YKKAP(株)(東京都千代田区)の堀秀充社長が同社を視察に訪れたという。数ある代理店のなかで同社を視察することとなったのは、地域トップクラスの施工・販売実績に他ならない。
 まもなく設立から40年を迎えるサンヨー建材工業。設立以来、「ブレずにコツコツと顧客の要望に応えて」着実に実績を重ねてきた同社の今後のさらなる活躍に期待したい。

<COMPANY INFORMATION>
(株)サンヨー建材工業
代 表:越智 多見男
所在地:福岡県飯塚市秋松941
設 立:1977年10月
資本金:1,000万円
TEL:0948-28-7727
FAX:0948-28-7723

<プロフィール>
oti越智 多見男(おち・たみお)
飯塚市出身。税理士事務所に6年間勤務後、76年3月にサンヨー建材工業を創業し、77年10月の株式会社化とともに代表取締役に就任した。趣味は畑仕事、ゴルフ、ショッピング。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年01月17日 16:03
NEW!

阪神淡路大震災から24年~被災者のこころのケアは今

  震災遺構がある神戸市中央区の 神戸港震災メモリアルパーク  1995年1月17日、淡路島北部を震源とするマグニチュード7.3の地震が近...

2019年01月17日 15:38
NEW!

「携帯料金は4割値下げ余地がある」~菅官房長官の発言を検証する(下)

  【表1】を見ていただきたい。日本を代表するトップテン企業の売上高および当期純利益の順位表である。 ~この表から見えるもの~ 2.日本の売上高トップ...

人々の日々の生活を陰で支える都市インフラの担い手(前)

  松山建設 (株) 豊富な実績を有する総合建設業者  松山建設(株)は、1956年に現在の築上町で「小松組」として創業したのが始まり。62年には...

2019年01月17日 14:45
NEW!

ドラッグストア業界が挑む「食と健康」市場創造戦略~製配販連携で10兆円産業目指す(前)

   日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は、設立20周年記念事業の核事業として、「食と健康」による市場を創造し、10兆円産業を目指すことにした。目的を...

2019年01月17日 14:26
NEW!

映画『人生フルーツ ある建築家と雑木林のものがたり』を観て(前)

  大さんのシニアリポート第75回 ドキュメンタリー映画『人生フルーツ』(東海テレビ制作/監督・伏原健之)を観た。主人公の津端修一は建築家である。日本...

2019年01月17日 14:08
NEW!

トライアル、来期上期に九州で5店出店~ドミナント化進む

   トライアルカンパニーは来期(2020年3月期)上期に、九州で神埼千代田、大町(以上佐賀県)、敷戸(大分市)、山鹿(熊本県)の4店を出店する。3月上旬に計画して...

2019年01月17日 13:21
NEW!

まだ間に合う!賞金総額100万円 学生グループ限定HP制作コンテスト

  応募は1月31日まで  高校生や専門学生、大学生が運営する学生団体やサークルやイベント、部活動、研究室、ゼミなどのグループ活動に関するネット発信で賞金...

2019年01月17日 11:31
NEW!

『脊振の自然に魅せられて』初冠雪登山を楽しむ

   昨年の12月、ワンゲルの後輩や脊振の自然を愛する会のメンバーに声をかけ、忘年登山を行った。参加者は11名、ワンゲルの男女の学生から高齢者までを含む登山となった。...

2019年01月17日 11:12
NEW!

【流通ジャーナリスト西川立一のトレンドウォッチ】青果と加工食品の専門店の平均月商1,200万円~Una Casita(おなかすいた)が首都圏で拡大中

   「Una Casita(おなかすいた)」というちょっと変わった店名の青果と加工食品の専門店が、首都圏で人気を集めている。3年前に1号店を東京・下北沢にオープン、...

2019年01月17日 10:50
NEW!

米中貿易経済戦争の本質:5Gをめぐる主導権争い~HUAWEI(華為)に対する米国の対応から見える焦り(4)

  東洋学園大学教授 朱建榮 氏 中国の5Gに対する米国の狙撃作戦  米側は各国に対して、「HUAWEIは安全上問題がある」としてその採用を阻止し...

pagetop