わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月15日 07:04

パナマ文書の衝撃とその余波(後)

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)

 「パナマ文書」は、パナマにある「モサック・フォンセカ(Mossack Fonseca)」という法律事務所で作成されたものである。
 この法律事務所は、ある企業がタックスヘイブンに法人を設立しようとすると、支援をしてくれたり、節税のためのスキームなどをアドバイスする法律事務所である。この分野では、世界4位の規模を誇る法律事務所で、世界40カ国に支店を有し、取引している主要な金融機関は、ドイツ銀行、クレディ・スイス、HSBC、UBSなど、そうそうたるものである。

 今まで、このような法律事務所では、法人設立のサービスを提供する際に代理人を立てたり、いろいろな方法で、法人の真の所有者は誰なのかがわからないようにしてきた。そのような匿名性を利用して、企業も個人もタックスヘイブンで資産を隠したり、課税を逃れたりしてきた。

panama ところが、今回のパナマ文書の流出は、これまでは究明ができなかった法人の本当の所有者は誰なのかを明らかにするかもしれない。パナマ文書は、金融の闇の一部を暴くことになりかねないし、個別取引の実態が明らかになることで、今まではグレーであった取引を黒に変える可能性すらある。とくに、北朝鮮などの独裁者の資金、テロ資金などの移動を明かす機会になるかもしれない。

 法律事務所「モサック・フォンセカ」の主張によると、ハッカーの攻撃によってパナマ文書が漏洩したと言っている。
 今回のパナマ文書には、合法・違法を含めて、40年間にこの法律事務所を経由して行われた金融取引の詳細が記載されている。データ量は、2.6テラバイトという膨大な量で、南ドイツの新聞社は、膨大な量のため、国際協調を呼びかけるようになったという。記載された取引案件は1,150万件で、関係会社は21万4,000社に上るという。現在も分析が進められているが、文書のなかには韓国人の名前も190名くらい載っているということで、関係者は戦々恐々している。

 今回のパナマ文書でわかってきた問題点は、どのようなことなのか――。

 タックスヘイブンを使っていること自体が違法ではないが、今回の衝撃はかなりのものに発展するかもしれない。今のところ、タックスヘイブンは、課税逃れとマネーロンダリングに悪用された痕跡もある。
 たとえばある企業が本国で10億円の利益が出たとしよう。タックスヘイブンにホールディングカンパニーをつくって、そこにロイヤルティーとして10億円を払ったとすると、本国では利益がないため、税金を払わず、タックスヘイブンでは税率はかなり低いため、小額の税金で済むことになる。このような問題が多国籍企業を中心に発生し、問題になっている。

 最近、国家の徴税権が弱くなっていると言う指摘もある。税収が少なくなると、政府は消費税などを引き上げることになり、税金逃れのしわ寄せは庶民に来るわけである。
 今、世界的に貧富の格差が問題になっているなかで、タックスヘイブンは、結果的には富裕層だけが税金が安くなる機会を享受し、経済的な弱者はもっと不利になること結果をもたらす。

 今回のパナマ文書の漏洩をめぐっては、一部ではアメリカの陰謀説も囁かれている。ロシア、中国などを牽制する意味と、世界に散らばっているタックスヘイブンの資金をアメリカに持ってくるための布石であるという内容である。アメリカは2014年7月1日以降、FATCA(外国口座税務コンプライアンス法)を実施することによって、アメリカ人が外国の金融機関に口座を持っていると、国税庁に必ず申告することになっている。この法律によって、スイスの金融機関などもこれ以上機密保持ができなくなっている。一方で、アメリカは外国の情報提供要請に応じなくてもいいような状況である。それを言い換えると、外国人が米国内のタックスヘイブン(ネバダ州など)へと資金を移すことになることを意味する。
 このような狙いで、今回のことが意図的に進められているという指摘もある。

 いずれにせよ、私たちには今の世界を正確に理解したうえで、正しく対処することが求められている。パナマ文書が今後、今の問題を是正していくきっかけになることを望んでやまない。

(了)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年04月09日 17:39

【新人記者が絶叫体験】マリノアシティ「NOBOLT」でリアル謎解きイベント開催中!

 4月にデータ・マックスに入社したばかりの新米記者2人がこのリアル謎解きゲームに挑戦した。「10分で帰ってくる!」と豪語した2人。はたしてその目標を達成できたのか...

2021年04月11日 07:00

マルミヤストア、戸村精肉本店を買収 人口減少エリアへの出店続く

 (株)リテールパートナーズ(山口県防府市)傘下の(株)マルミヤストア(大分県佐伯市)は、(株)戸村精肉本店(大分県宇佐市)の全株式を取得し子会社化する...

2021年04月11日 07:00

【凡学一生の優しい法律学】カンニング竹山失言事件~東京都のコロナ感染拡大防止動画広告

 お笑い芸人のカンニング竹山が、東京都の新型コロナウイルス撲滅広告ビデオ制作の費用が実際は数千万円だったものを勘違いして4億数千万円とテレビで公表し、(税金の無駄遣い...

2021年04月10日 07:00

コロナ禍で外国人材は新規入国者が激減、受入・共生施策の改訂も~自民党司法制度調査会

 自民党司法制度調査会が4月7日、党本部で開催され、新たな局面を迎えた外国人の受入れに対応した総合的支援について、フォースバレー・コンシェルジュ(株)代表取締役社長・...

2021年04月10日 07:00

リテールパートナーズ2月期、6.1%増収 巣ごもり一巡

 リテールパートナーズの2021年2月期売上高(連結)は前期比6.1%増の2,400億円前後になったもようだ。営業収益ベースでは3.3%増の2,363億円の予想だった...

2021年04月09日 16:20

迫りくるガソリン車の終わり:自動車産業を飲み込む地殻変動

 世界中で新型コロナウイルスやその変異種が猛威を振るい、経済面での悪影響が深刻化している。その一方で、アメリカでも中国でも億万長者の数は過去最高のペースで増え続けてい...

2021年04月09日 15:53

パチンコ界の御三家が変わる

 パチンコホール大手3社といえば、遊技ファンは「マルハン」「ダイナム」「ガイア」の3社を思い浮かべるだろう。売上高で見た場合、(株)マルハンは2020年3月期決算(個...

丸清食品(有)(福岡)/食品加工・製造・販売

 同社は4月6日までに事業を停止し、事後処理を弁護士に一任した...

厚生労働省公表の「ブラック企業」 3月31日発表 九州地区(福岡を除く)

 21年3月31日に公表(21年2月28日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

最後は金目の菅放射能汚染水放出

 菅首相が3月21日をもって緊急事態宣言解除を強行した理由は3月25日の聖火リレー開始にあった。緊急事態宣言発令化で聖火リレーを開始できない。この理由から緊急事態宣言...

pagetop