• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年08月18日 14:48

筑紫女学園新理事長(?)長谷川裕一氏解任の勧め(3)~猪突猛進で上場へ 博多21の会 

特技は「突進力」

 長谷川家の家業=長谷川仏具店は1929年9月に直方市で創業されました。創業者は長谷川才蔵氏で裕一氏の実父であります。裕一氏は63年4月の龍谷大学卒業とともに長谷川仏具店に就職しました。実父・才蔵氏は実に53年間、経営のトップとして82年4月まで采配を取ったのです。凄い精力の持ち主でした。そして裕一氏が事業を継承して経営の最前線=代表取締役社長に立ったのです。

sora-min 長谷川氏は親父のもとで19年間、さまざまな経営構想をめぐらしていたと思われます。負けん気は強い、攻撃心旺盛な人物です。「直方の田舎で終わって堪るか!!日本でトップの企業になってみせるぞ!そのためにはどうすべきか」ということを自問自答していたはずです。仏壇販売の業界では、高い収益を得られる殿様商売が可能であります。各地区で、老舗名門として充分に飯が食える保守的な企業が林立していたのでありました。

 ある日、野心家・裕一氏の脳裏に稲妻が走ったと聞きます。「そうだ!!業界で最初に上場を果たそう」と決断したそうです。この着想は20代の頃だったと思われます。社長になり、本社を福岡に移して即座に88年に福岡証券取引所へ上場をはたしたことは見事、天晴です。「家内企業の仏壇業界で最初に上場させた経営者・長谷川裕一」と世間が高く評価するようになるのは自然の成り行きです。長谷川氏自身の心の中で「してやったり」と喝采したのではないでしょうか!!上場までの快進撃は、同氏の特技である「突進力」を如何なく発揮した時期と言えるでしょう。

上場実績を背景に各方面に打ち出す

 長谷川氏のビジネス人生を区切りましょう。まず第一期は特技とする「突進力」で1988年に上場を果たすまでの忍耐から躍進への期間です。次に、第二期を絶頂・繁栄の時期の98年までとします。第三期が衰退局面、99年以降です。追々、同氏のビジネス人生を分類していきます。ただここで指摘しておきますが、絶頂・繁栄が10年間、意外と早く衰退局面が訪れた原因は、自分の行った後始末を自ら拭き切る能力がなかったからです。誰か彼かに尻を拭いてもらった過去の実績が山積しています。

 筑紫女学園の関係者の皆さん!!これからのことは忘れずに叩き込んでください。学園の経営陣たちは長谷川氏の経営能力を買っているようです。また教職員の方々に長谷川新理事長(?)が「学園経営の再生は任してください」と語りかけていると聞きました。長谷川氏に具体的に聞いてください。「理事長さん!!どのような企業を再生させたか教えてください」と、質問することをお勧めします。

 さて、第二期(絶頂・繁栄期)を説明していきましょう。上場によって絶大な信用を得て、各方面から声がかかるようになりました。上場前の1年前の87年に九州ニュービジネス協議会が立ち上げられたのです。立ち上げ準備段階から長谷川氏はコミットしていました。その実績が認められて発足から副会長を務めたのです。同氏にとってこの組織の副会長ポストは経済界にアピールするステイタスシンボルの1つとなりました。最終的には日本ニュービジネス協議会連合会会長にまで上り詰めたのです。

 福岡に本社を移転させましたが、新参者扱いをされます。直方では親分風を吹かせることはできますが、福岡・博多ではそうはいきませんよねー。既存団体に入会しても一兵卒扱いからスタートです。「どうしても福岡地元の若手経営者たちを結集して存分に旗振りをしたい」という気持ちで勇んでいました。

 86年に「博多21の会」が結成されました。目的は地元福岡で育ち、福岡に基盤を持つ若手経営者、または文化人の会です。長谷川氏はこの会の初代会長に就任しました。94年まで6年間、会長を務めました。そのあとを石村萬盛堂の石村社長、明太ふくやの川原社長などが会長職を引き継いでいます。この「博多21の会」の会長職に就いたことは、長谷川氏にとって最大の成果をもたらしたのではないでしょうか?『福岡若手経営者を牽引する経営リーダー』という地位を確立しました。

 「博多21の会」の活動で一番、惜しまれるのは「24時間運営できる海上国際空港建設」の挫折です。これが実現していれば福岡国際空港はハブ空港になれたと思われます。実現できなかったことは残念でなりません。

 田舎=直方から出てきて上場を果たし、若手経営者たちを領導するリーダーにまで這い上がった長谷川氏。その突進力には感服します。ところが筑紫女学園の関係者の皆さん!! 長谷川氏の絶頂も長続きしませんでした。絶頂・繁栄の第二期中盤、93年あたりから厄介な問題が噴出し始めたのです。

(つづく)

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月24日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(4)NEW!

 萩原氏は1996年、東京工業大学教授に転じた。日産時代はアメリカの安全基準をクリアすることに精一杯だったが、「外に出てみて振り返って考えたときに、改めて衝突について...

2020年02月24日 07:00

【業界ウォッチ】第54回スーパーマーケット・トレードショー2020~Future Store “Now”NEW!

 幕張メッセにおいて2月12日~14日、スーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」が開...

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop