わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年08月31日 09:26

太宰府天満宮の参道に大正時代から続く老舗「かさの家」(後) 福岡の未来を創る101社 

(株)かさの家

伝統の味をそのままに

umegaemoti 政略によって大宰府に流された道真公は、廃屋同然の館で蟄居の身となり、食事にも事欠くありさま。暮らし振りを見かねた近くの老婆が、道真公が好んだ餅を梅の枝にさし、格子越しに差し上げた、という伝説がある。伝説をもとにつくられた「梅ヶ枝餅」は、もち米とうるち米をブレンドした生地で粒あんを包み、香ばしく焼き上げたものだ。シンプルな素材だけに、生地と餡のバランスが決め手となる。かさの家では、昔から代々続く味を大切に守り、焼き方や出来具合にもこだわった梅ヶ枝餅を提供している。

 「道真公の誕生日であり命日でもある25日は、『天神さまの日』とされています。梅ヶ枝餅の販売店では、毎月25日に「よもぎ入りの梅ヶ枝餅」を出します。昔からよもぎ入りはありましたが、一時中止にしていました。色が出にくいということで、緑色の着色料を使う店舗が出てきたからです。しかしお客さまからの熱い要望があり、数年前から復活させました。『よもぎ入りの梅ヶ枝餅』は、多くの方々に親しんでいただいております」(不老氏談)。

 「梅ヶ枝餅」という名称は、太宰府梅ヶ枝餅協同組合に商標登録されており、組合員のみ「梅ヶ枝餅」という商品名で販売ができる。協同組合が材料を指定し管理しているため、梅ヶ枝餅の品質は保たれており、どの店舗も同じ材料で「もち皮」をつくる。ただし、あんこや砂糖の量、塩加減などは各店舗によってレシピが違うため、それぞれに個性を持つ。

 「昨年10月17日、太宰府天満宮に隣接する九州国立博物館が10周年を迎えました。記念日に協同組合で何かできないかと考え、ふくおか食品開発支援センターと共同開発した『古代米入りの梅ヶ枝餅』を販売しました。福岡県産の黒米を粉砕し生地に練り込んだことで綺麗な薄紫色に仕上がっています。当日のみの販売予定でしたが大変好評だったので、毎月17日の「きゅーはくの日」に継続して販売することになりました」(不老氏談)。

 「古代米入りの梅ヶ枝餅」は、黒米を混ぜたことにより色素成分の効果で紫がかり、生地の香ばしさとパリッとした食感が一層際立ったという。太宰府天満宮や九州国立博物館を後押しする、新たな名物の誕生となった。

参道を守り後世へつなげる

 不老氏は、太宰府梅ヶ枝餅協同組合の理事長や九州国立博物館振興財団の評議員、太宰府観光協会の会長なども兼務し、太宰府市への貢献度が高い。
 「太宰府天満宮には、年間880万人の参拝者が訪れています。私には、太宰府に年間1,000万人を呼びたいという夢があります。太宰府天満宮の参道は、商業地区として何を出店してもよい場所で、以前はスマートボールなどがありました。しかし参道には相応しい店というものがあります。神様へと続く神聖な場所では、相応しくないものは自然と淘汰されてきました。参道を守り、参拝者や観光客に何度も来たいと思われる太宰府をつなげていきたいのです」(不老氏談)。

 不老氏は、今年の6月24日~28日に福岡市で開催された「第99回ライオンズクラブ国際大会」を招聘した立役者でもある。ライオンズクラブ国際大会は、世界各国から会員約3万5,000人が参加し、世界と福岡をつなぐ橋渡しとなる。彼らの滞在期間中、歴史ある太宰府天満宮の参道を散策する人々は、さらに数を増したに違いない。古き良き日本の面影を今に伝える建物や石畳は、海外の人々を魅了したことだろう。これはまた、不老氏の夢につながっていく。

 さまざまな役職を合わせ持つ不老氏だが、特筆すべきは1988年のソウルオリンピックに出場したクレー射撃のオリンピアンだということだ。また、2020年東京オリンピックに向けて、JOC(国内オリンピック委員会)からクレー射撃のコーチングスタッフに委嘱されている。「オリンピアン候補の発掘や育成を担当しています。福岡から射撃のオリンピアンを是非とも誕生させたいのです」(不老氏談)。自身の後裔を育てるべく、ジュニア世代の発掘・育成・強化にも力をそそぐ。
 2020年の東京オリンピック・パラリンピックまで、不老氏の活躍は続いていく。

(了)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:不老 安正
所在地:福岡県太宰府市宰府2-7-24(太宰府天満宮参道)
設 立:2005年3月
資本金:1,000万円
TEL:0120-818-151
URL:http://www.kasanoya.com

<プロフィール>
furou不老 安正
1944年1月生まれ。(株)かさの家の代表取締役を務めるほか、ライオンズクラブ国際協会の元国際理事、第99回ライオンズクラブ国際大会ホスト委員会の委員長など、さまざまな役職を担っている。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月20日 08:53

オフィスランドが「第2回大文具まつり」~3月20、21日北九州市小倉北区でNEW!

 大平紙業グループの文具専門店、オフィスランドは3月20日(金)~21日(土)、北九州市小倉北区の西日本展示場で「第2回大文具まつり」を開く。

2020年01月20日 07:00

多くの大手ハウスメーカーとスクラムを組み月間1,000棟を手がける九州トップの足場会社NEW!

 「BIKE MEN style」(ビケメンスタイル)。筋骨隆々の若者が表紙を飾るどこかのマニアックな情報誌かと思えば、それは意外にも(株)ダイワが制作した雑誌スタイ...

2020年01月20日 07:00

愛され続けて36年 不動産のプロとして顧客をサポートNEW!

 イタリア由来のデザイン、最新の住設備を取り入れた自社ブランドマンション「モントーレ」シリーズで好評を得ている西武ハウス(株)。その始まりは1983年8月に現代表の豊...

2020年01月20日 07:00

汗を流して挑戦し、短期間で急成長 アジアの物流網を駆使し事業領域拡大へNEW!

 福岡ロジテム(株)は2005年、東京の上場物流企業である日本ロジテム(株)と福岡のコバヤシライン(株)が九州エリアの強化を目的に共同で設立した。代表取締役社長を務め...

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

pagetop