• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月14日 14:16

ボブ・ディラン、ノーベル文学賞受賞の違和感

tikyugi 秋の風物詩となったノーベル賞受賞レースの掉尾を飾るのが、ノーベル文学賞の発表。日本国内では村上春樹氏の受賞を待ち望むハルキストたちの姿も恒例だが、今年の受賞者はアメリカのミュージシャン、ボブ・ディラン(75)となった。ポピュラーソングの歌詞を「詩」として評価し、文学賞の対象にしたノーベル委員会の卓見には敬意を表したい。

 その一方で、「なぜ今ボブ・ディランなのか」という声は各所から上がっている。確かに1960年代には既存の体制へのカウンター的存在としてプロテスト・ソングを歌い、フォークシンガーとして時代の寵児となったのは事実。ボブ・ディランに対する評価はここに集中しているといっていい。しかしその後ボブ・ディランの音楽スタイルは、アコースティックを捨て電子楽器を導入したり、マリファナの影響を受けたり、クリスチャンとして洗礼を受けたことでゴスペルに傾倒したり、さまざまな変化を遂げている。現役のアーティストとしては当然のことだが、ボブ・ディランは今でも進化を続けているのだ。

 ノーベル委員会が、ボブ・ディランの業績をどこまで評価して今回の受賞に至ったのかは明らかではない。すでにボブ・ディランはその音楽活動に対してグラミー賞、アカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、ピュリッツアー賞、アメリカ大統領自由勲章、レジオン・ドヌール勲章などありとあらゆる賞を授与されている。この上ボブ・ディランにノーベル賞の栄誉を与えることにどんな意義があるのか、一抹の違和感を覚えるところである。

【深水 央】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月02日 17:27

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(前)

 東証マザーズ上場のナレッジスイート(株)の提供するサービスは社内の無形のノウハウの可視化・資産化を推進し、業務の効率性向上、リスクヘッジに役立つものであり、地方の企...

2020年07月02日 17:10

新型コロナウイルス~首都圏を中心に感染拡大

  【表1】を見ていただきたい。全国(47都道府県)の新型コロナウイルス感染者の順位表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国(47都道府県)の7月2日...

2020年07月02日 16:40

姪浜駅に憩いの場「めいのはまMarché」オープン

 JR九州フードサービス(株)は、福岡市地下鉄・JR「姪浜駅」構内に、個性豊かな専門店が集まる憩いの場「めいのはまMarché」をオープンさせる...

2020年07月02日 16:26

ストラテジーブレティン(255号)~Point of No Return、米国の対中金融制裁が俎上に~慎重な投資姿勢を(前)

 6月30日、「香港国家安全維持法」が制定され、即時施行された。香港の民主主義と自治が失われ、一国二制度が終わった。世界は熾烈な米中冷戦へと展開していくだろう...

2020年07月02日 16:17

【凡学一生のやさしい法律学】関電責任取締役提訴事件(前)

 関電事件は究極の国家犯罪の完成形である。法律犯罪国家における利権構造の雛形といえる本件事件は、日本は悪徳法律家が支配あるいは跳梁跋扈する法匪国家であることを示した...

2020年07月02日 16:00

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(1)

 6月15日、河野防衛大臣は「イージス・アショア」の配備計画の停止を発表した。日本国内のみならず、周辺国や製造元のアメリカにも激震が走った...

2020年07月02日 15:30

サザン無観客ライブで売り上げ6億5,000万円!ウェブ配信動画に光明

 サザンオールスターズは6月25日、無観客リモートライブを開催。400人を超えるスタッフと40台カメラで演出されたライブは、有料視聴ライブとして8つのメディアで配信さ...

2020年07月02日 15:06

【特別寄稿/山崎伸二教授】新型コロナウイルス感染症は我々に何を教えてくれたのか(後)

 20世紀に入ると感染症の治療薬が次々と見つけられていく。1910年、自らが合成したヒ素化合物を1番から順番に調べていた秦佐八郎がドイツ人パウル・エーリッヒとともに...

2020年07月02日 14:31

【特別寄稿/西田亮介】冗長性の欠如がもたらしたもの 「民意」に揺さぶられるリスクマネジメント(後)

 不安感は不満となって顕在化する。向かった矛先の1つは政治だった。並行して、感染状況のみならず、制度や対処が違う他国の部分的な状況がマスメディアとSNSを介して人々に...

2020年07月02日 14:17

【インタビュー/玉城絵美】「リモート」のその先へ 10体のアバターを動かす世界がすぐそこに(後)

 日本では新型コロナウイルスの感染が広がる前から、〈リモートでコミュニケーションせざるを得ない社会が来る〉と、世界に先駆けて大きなプロジェクトが動き出していました...

pagetop