• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月17日 10:25

業界の先駆者としてさらなる環境改善を牽引(前) 福岡の未来を創る101社 

山本設備工業(株)

きめ細かな施工体制と教育、築かれる信頼のアフターメンテナンス

給排水設備工事の改修を知らせる看板。リニューアル工事は増加傾向にある<

給排水設備工事の改修を知らせる看板。リニューアル工事は増加傾向にある

 山本設備工業(株)の創業は1956年2月。創業者の山本熊一氏と同じ志を持つ2名の社員とともに事業を開始した。その後、61年3月に法人化、創業60年の社歴を持つ地場有数の老舗会社の1つとして数えられる。現在の代表取締役社長は3代目の山本慎一氏。2006年1月に代表取締役社長に就任した。競争激しい市場のなかで、同社が老舗として60年の時を重ねることができたのは、現状に甘んじることなく、顧客満足度をより高めるための活動を、ひたすら社内一丸となって取り組んでいるという点に尽きる。

 15年7月期における同社の売上高は25億8,561万円であり、ゼネコン関係からの受注工事の売上が約15億円、単体で手がける管工事関連が約2億円、そしてリニューアル工事の売上が約8億円の内訳である。そして事業内容も「給排水衛生工事」「空調調和設備工事」「消防設備工事」「水道施設工事」を柱としている。

 このなかでもリニューアル工事は力を入れている事業で、マンションの大規模改修工事をもととしたビル空調システム、水周り改修、住宅設備機器の取り替えやメンテンス工事など、住宅に関連した多岐にわたる管工事を展開している。これから先、建築年数が経過したマンションや商業ビルの給排水のリニューアルは増えていくと業界でも予想されており、事実同社も事業の一角を占めるようになった。創業以来、管工事一筋で培ってきたノウハウをもとに市場の流れに対応している証でもあるだろう。

 社のスローガンは「きれいな水、さわやかな空気~おまかせください、暮らしの充実~」である。これは現代人の生活に欠かせない水道や空調をより質の高い環境を提供する意思の表れと言えよう。24時間対応のアフターメンテナンスの体制や薬品類を一切使わない無害な圧縮空気と水道水で管内を洗浄し、人体と環境に優しい『JAB洗浄』のサービス提供などが表れている。この姿勢がエンドユーザーの信頼を得たことで、ゼネコンや専門工事会社などに伝わり、厚い信頼関係を構築しているのはたしかだ。

会社の財産と言えるノウハウが凝縮された施工基準書と社員

 同社の特筆すべき点は、1年間の完成工事状況をすべて収集し、毎年5月頃に情報を開示していることである。工事履歴から紐解いて工事内容から注意点、改善すべき点などさまざまな角度からの検証を明記している。そうしてでき上がったのが同社オリジナルの施工基準書である。1年間の工事に関するノウハウは凝縮されて同基準書に反映されるのだ。これにより問題点を分析して、将来の工事に活かすなど、常に進化するための活動を行っている。
 会社一丸で過去の状況を蓄積し将来に反映させる、まさに「温故知新」の精神と言える。そのため施工に関する情報の共有化が図られ、繰り返す可能性のある凡ミスなどの芽を先に摘むことができる。さらに検証を繰り返すことでミスの周知徹底が図られミスが減少していくことになるのだ。これが取引先に対して信頼拡大につながっている。

 若い社員が先頭に立って現場で働いており、時間外では笑顔があふれる明るい職場である。社員が現場に入るとプロとしての自覚を各々持ち、工事に徹しているという。自分たちが専門工事者だというプライドがそうさせるのだ。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:山本 慎一
所在地:福岡市南区那の川1-15-5
設 立:1961年3月
資本金:5,000万円
TEL:092-521-2935
URL:http://www.y-s-k.co.jp/

<プロフィール>
yamamoto_pr山本 慎一
1990年4月、山本設備工業(株)入社。2002年12月、取締役就任。06年1月、代表取締役社長に就任した。趣味は読書、ゴルフ。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月01日 18:09

生死の境界線(1)肺癌宣告

 筆者は毎年4月、適正健康検査(1日ドック)を受けてきた。かれこれ20年になるであろう。これまで致命的な勧告を受けたことはなかった。今年は新型コロナウイルスのため定期...

2020年10月01日 17:10

【IR福岡誘致特別連載9】海外投資企業にもっとも高評価なのは既存の交通インフラ網

 交通網は全国のIR(カジノを含む統合型シティリゾート)の候補地において、もっとも重要かつ不可欠であり、IR誘致開発事業の要である。その目的地までの集客力が重要であり...

2020年10月01日 16:28

新型コロナの防疫対策で世界の先頭を走る台湾と意見交換(1)

 2020台湾最新ビジネスセミナー「withコロナ時代‐日台で切り拓く新ビジネスチャンス」が9月15日、TKP品川カンファレンスセンターで開催された。今回のセミナーは...

2020年10月01日 15:17

42号店「三宅店」をオープン~唐揚げ専門店「博多とよ唐亭」

 本日、唐揚げのテイクアウト専門店「博多とよ唐亭」の新たな店舗「三宅店」がオープンした。同店の42号店で、南区エリアでは6店舗目となる...

2020年10月01日 15:12

【縄文道通信第48号】「今なぜ縄文道なのか」―縄文道 ユートピア論―縄文道――武士道――未来道―今も息づき未来に活かせる(後)

 前回で紹介した日本列島から生まれた普遍性の道と併せて4つの大和の道に触れる。この4つの道は、紀元前660年の日本の最初の天皇誕生以前に約1万4,000年にわたって形...

2020年10月01日 14:37

マンション管理のIT化推進 大和ライフネクストが「IT総会」実証実験

 大和ハウスグループの大和ライフネクスト株式会社(東京都港区、石﨑順子代表取締役社長)は、一般社団法人マンション管理業協会(以下、「マンション管理業協会」)が検討を進...

2020年10月01日 14:33

【10/6】タピオカミルクティーのオンライン・ビジネスフォーラム(台湾経済部、貿易センター主催)

 台湾経済部(経済産業省に相当)、台湾貿易センター(JETROに相当)は6日、「2020 台湾タピオカミルクティー国際フォーラム」をオンラインで開催する...

2020年10月01日 14:28

カジノ×ゲーム×オンラインで新市場の形成目指す、中村龍道氏の挑戦(2)

 『現実世界ではコロナの感染拡大防止の観点から規制がかかり、従来通りの仕事ができなくなる、あるいは仕事を失う人が増えています。しかし、デジタルのなかの仮想世界にはコロ...

2020年10月01日 14:18

地球環境を踏まえた持続可能な「市場経済システム」を模索!(3)

 『近代市場経済システムは、倫理観を備えた市民による自由な経済取引が人々を豊かにし、幸福をもたらすという前提の下、発展してきました...

2020年10月01日 14:06

20万人のコロナ死者たちへの愛憐の情のかけらも示さないアメリカ大統領選候補たち

 アメリカ大統領選挙候補者「トランプVSバイデン」のテレビ討論(現地時間9月29日)を目撃して9割の人々は「アメリカの終焉」を確信したのではないか...

pagetop