• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月31日 13:43

TPP承認案衆院採決を11月2日以降へ先送りが、野党の責務 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、安倍政権が11月1日の強行採決を目指しているTPP批准案を、11月2日以降に先送りさせることが野党の責務だとした、10月30日付の記事を紹介する。


 衆議院のTPP特別委員会審議で安倍政権は11月1日の強行採決を目指している。日本国憲法第60条、第61条の規定により、11月1日までにTPP批准案を衆議院で可決してしまえば、参議院で可決されなくても11月30日の臨時国会会期末までにTPP批准案が可決成立することになるからだ。

 しかし、日本がこの臨時国会でTPP批准案を拙速可決成立させる合理的根拠は存在しない。野党は、最低目標として衆院採決を11月2日以降に先送りさせる責務を背負っている。
 TPP特別委に委員を送り込んでいる安倍政権対峙勢力は民進党と共産党しかない。自由党と社民党は委員を送り込めていない。日本維新は完全な自公補完勢力になっており、特別委でTPPに異議を唱えられる立場にあるのは民進党と共産党しかないのである。
 したがって、民進党がTPP批准阻止に向けて、どこまで真剣に取り組むのかが最大の焦点である。その民進党の姿勢を問う意味でも、衆院採決を11月2日以降に先送りさせることができるのかどうかが重要な焦点になる。

 「安倍政治を許さない!」主権者は多数である。この主権者がまとまると、安倍自公勢力を打ち負かすことができる。
 参院1人区の11選挙区で野党共闘勢力が勝利した。原発稼働が焦点になった滋賀、鹿児島、新潟の県知事選で、反原発派が勝利した。情勢は大きく変化している。

 しかし、10月23日に実施された東京10区および福岡6区の衆院補選では、民進党候補が惨敗した。他の野党が候補者を取り下げて民進党候補を支援したのに、当の民進党が野党共闘に背を向けたためである。

 安倍政治の暴走を支えている最大の功労者が民進党である。民進党が「隠れ与党」の動きを示していることが安倍政権の暴走を支える最大の要因である。主権者はこのことをしっかりと認識して、次の衆院総選挙に向けて基本戦略を確定する必要がある。

 この背後にあるのは、米国の工作だ。CIA(米国中央情報局)の最大のミッション(使命)は、日本の野党第一党を「隠れ与党」にすることなのである。本当の意味の野党、「たしかな野党」が日本の二大勢力の一角に育つことを阻止する。これがCIAのミッションである。
 つまり、自公と極めて類似した「第2自公勢力」を二大勢力の一方として確立することがCIAのミッションなのである。

 2009年に鳩山政権が樹立された。この政権交代を主導したのは小沢一郎氏と鳩山由紀夫氏であったが、小沢-鳩山両氏主導の当時の民主党が、米国にとって最大の脅威だった。この政権が基盤を固めて、衆参ねじれを解消してしまうと、この新政権が日本の政権として完全に定着してしまう。それは、米国による日本支配を根底から覆す明白な危険だった。

 だからこそ、米国は小沢一郎氏と鳩山由紀夫氏に対する史上空前の個人攻撃を浴びせたのである。CIAは小沢-鳩山民主党政権を破壊して、米国傀儡の菅直人政権、野田佳彦政権を樹立して、その後、米国直轄政権と言える安倍晋三政権を樹立した。そして、民主党が敵対勢力にならぬよう、工作活動を続け、これが現在の民進党になっている。

 その民進党を裏側からコントロールしているのが連合であり、連合自体が労働者を代表する組織ではなく、巨大資本=ハゲタカが支配する組織になっている。この民進党と連合の正体を認識し、「隠れ自公」勢力を排除しない限り、日本政治の刷新を実現することはできない。

 この現状で、今後の戦略構築に最大の示唆を与えたのが「新潟方式」である。新潟県知事選では、連合新潟が原発推進の本性を表わし、連合も会長の神津氏が原発推進候補の応援に入り、正体を表わした。さらに民進党も原発稼働阻止候補を推薦せず、原発推進の隠れ本性を表わした。政党として米山隆一氏を支援したのは共産、自由、社民の3党であり、米山氏を当選させたのは新潟県の主権者である。つまり、主権者が主導して、政策を基軸に、共産、自由、社民と連帯するならば、自公+民進・維新連合に勝利できることが証明された。
 この「新潟方式」を次の衆院選に全面採用していくことが必要である。

 民進党所属議員、候補者の一部は米山氏支援に回った。民進党単独で選挙に勝てる候補者はいない。野党共闘から連合・民進党を排除することで政治刷新の道は拓けるだろう。

※続きは10月30日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」第1578号「民進・連合抜きの野党共闘&候補者一本化」で。


▼関連リンク
・植草一秀の『知られざる真実』

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月01日 18:09

生死の境界線(1)肺癌宣告

 筆者は毎年4月、適正健康検査(1日ドック)を受けてきた。かれこれ20年になるであろう。これまで致命的な勧告を受けたことはなかった。今年は新型コロナウイルスのため定期...

2020年10月01日 17:10

【IR福岡誘致特別連載9】海外投資企業にもっとも高評価なのは既存の交通インフラ網

 交通網は全国のIR(カジノを含む統合型シティリゾート)の候補地において、もっとも重要かつ不可欠であり、IR誘致開発事業の要である。その目的地までの集客力が重要であり...

2020年10月01日 16:28

新型コロナの防疫対策で世界の先頭を走る台湾と意見交換(1)

 2020台湾最新ビジネスセミナー「withコロナ時代‐日台で切り拓く新ビジネスチャンス」が9月15日、TKP品川カンファレンスセンターで開催された。今回のセミナーは...

2020年10月01日 15:17

42号店「三宅店」をオープン~唐揚げ専門店「博多とよ唐亭」

 本日、唐揚げのテイクアウト専門店「博多とよ唐亭」の新たな店舗「三宅店」がオープンした。同店の42号店で、南区エリアでは6店舗目となる...

2020年10月01日 15:12

【縄文道通信第48号】「今なぜ縄文道なのか」―縄文道 ユートピア論―縄文道――武士道――未来道―今も息づき未来に活かせる(後)

 前回で紹介した日本列島から生まれた普遍性の道と併せて4つの大和の道に触れる。この4つの道は、紀元前660年の日本の最初の天皇誕生以前に約1万4,000年にわたって形...

2020年10月01日 14:37

マンション管理のIT化推進 大和ライフネクストが「IT総会」実証実験

 大和ハウスグループの大和ライフネクスト株式会社(東京都港区、石﨑順子代表取締役社長)は、一般社団法人マンション管理業協会(以下、「マンション管理業協会」)が検討を進...

2020年10月01日 14:33

【10/6】タピオカミルクティーのオンライン・ビジネスフォーラム(台湾経済部、貿易センター主催)

 台湾経済部(経済産業省に相当)、台湾貿易センター(JETROに相当)は6日、「2020 台湾タピオカミルクティー国際フォーラム」をオンラインで開催する...

2020年10月01日 14:28

カジノ×ゲーム×オンラインで新市場の形成目指す、中村龍道氏の挑戦(2)

 『現実世界ではコロナの感染拡大防止の観点から規制がかかり、従来通りの仕事ができなくなる、あるいは仕事を失う人が増えています。しかし、デジタルのなかの仮想世界にはコロ...

2020年10月01日 14:18

地球環境を踏まえた持続可能な「市場経済システム」を模索!(3)

 『近代市場経済システムは、倫理観を備えた市民による自由な経済取引が人々を豊かにし、幸福をもたらすという前提の下、発展してきました...

2020年10月01日 14:06

20万人のコロナ死者たちへの愛憐の情のかけらも示さないアメリカ大統領選候補たち

 アメリカ大統領選挙候補者「トランプVSバイデン」のテレビ討論(現地時間9月29日)を目撃して9割の人々は「アメリカの終焉」を確信したのではないか...

pagetop