2024年07月19日( 金 )

博多駅前陥没事故 埋戻し作業進捗リポート(11月12~14日)

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ

 博多駅前陥没事故から6日、この週末に陥没事故現場が復旧されていく模様を追った。

12日午前8時30分ごろの作業風景。この日は各種ケーブルや配管の工事が進められた<

12日午前8時30分ごろの作業風景。この日は各種ケーブルや配管の工事が進められた

12日午前8時30分ごろの事故現場。土で配管を固定する作業が進み、土の高さが上がってきていた<

12日午前8時30分ごろの事故現場。土で配管を固定する作業が進み、土の高さが上がってきていた

13日午前8時30分ごろの様子。下水道や手前歩道部分の工事が順調に進んでいることがうかがえる<

13日午前8時30分ごろの様子。下水道や手前歩道部分の工事が順調に進んでいることがうかがえる

14日午前8時30分ごろの時点では、作業自体は行われておらず、現場にはブルーシートが張られていた<

14日午前8時30分ごろの時点では、作業自体は行われておらず、現場にはブルーシートが張られていた

 福岡市によると、14日11時より、仮復旧された道路の安全性を確認するための「専門技術者による会議」を開催する予定。安全性が確認されれば、14日夜にも仮復旧が完了する。

 

関連キーワード

関連記事