わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月21日 10:10

長崎最大のマンション計画を追う(2)~「楔」の土地

 2014年2月に一旦閉店した老舗百貨店「長崎玉屋」とその周辺区域で計画された新大工町地区の再開発計画は、国から補助金を受ける第一種市街地再開発事業として、いよいよ実行の段階に移ろうとしていた。そのようななか、本事業の核施設・長崎最大のマンション(地上24階建、高さ97m)が建設される「北街区」を分断する土地の所有者が変わった。さまざまな思惑が交錯する再開発事業の実態を追う。

求められる合意形成

再開発事業区域の地図 再開発事業区域の地図
※クリックで拡大

 市街地再開発事業における合意形成の難しさを知るには、その目的・仕組みを理解しなければならない。まず、その目的は、「市街地内の老朽木造建築物が密集している地区等において、細分化された敷地の統合、不燃化された共同建築物の建築、公園、広場、街路等の公共施設の整備等を行うことにより、都市における土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図る」(国土交通省HPより)となっている。

 第一種市街地再開発事業として認められると、国からは、施設建築物および敷地の整備にかかる事業費の3分の1が助成される。事業のしくみは、地権者が持つ従前の土地・建物の権利を再開発ビルの床(権利床)に関する権利に原則として等価で変換し、権利変換で残った床(保留床)をデベロッパーが分譲するなどして事業費にあてる。

 以上のように文章にするのは簡単だが、現実に話を進めるには、従前の建築物の解体から再開発ビルの完成までの間、地権者はどうするのか、再開発ビルの床をどう配分するかなど、地権者のそれぞれの事情が複雑に絡み合い、合意形成が難航してもおかしくはない。とくに新大工町の今回のケースでは、「長崎玉屋」は一旦閉店しているものの、新大工町市場や隣接する商店、飲食店は現在も営業を続けているなど事情が異なる。高層マンションの新しいテナントに店を移すにも費用がかかる。

「楔」を持つデベロッパー

 今回、「マンション建設計画実施の直前」と言えるタイミングで所有する土地・建物を売却したのは、代表が再開発準備組合の副理事長を務めていた新大工町市場協同組合だ。同組合は、香川県高松市の有名デベロッパー・穴吹興産(株)に、所有する土地・建物を9月20日に売却した。同組合は、「長崎玉屋」の1階部分にある新大工町市場の営業を来年3月まで続ける方針だ。

 再開発所有する土地の形状(図参照)から考えると、新大工町市場協同組合は、極めて存在感の大きい地権者であった。注目すべきは「長崎玉屋」部分(地番105、1,588m2)に沿う形で、線状(幅30cm)に伸びているわずか18m2(地番101)の土地。再開発区域を結合あるいは分断する、まさに「楔(くさび)」のような存在だ。

 穴吹興産が地権者となる8日前の16年9月12日、『新大工町地区第1種再開発事業』に関する長崎市の都市計画変更手続きが完了した。穴吹興産は、16年2月に長崎のスーパー「ジョイフルサン」とスポンサー契約するなど、長崎での積極的な事業展開が見られている。しかし、今回の再開発事業におけるデベロッパーの入札に参加したが第一次選考で落選した。同社が地権者として本組合に参加しなければ再開発事業はご破算となる。長崎最大のマンション計画は重要な局面を迎えた。

(つづく)
【山下 康太】

 
キーワードタグ:長崎  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年12月11日 09:38

「現在、政権を取っている人たちこそ反社勢力」と山本太郎氏~日米FTAの再交渉期すNEW!

 れいわ新選組の山本太郎代表は10日、群馬県・JR高崎駅前で街頭記者会見を開き、臨時国会での日米貿易協定承認を「まさに国家の切り売り。売国」と批判するとともに、有権者...

2019年12月11日 09:30

リクルートキャリアのリクナビ問題は~人材データの利活用のあり方が問われる事態に飛び火(後)NEW!

 故・江副浩正氏によって1960年にスタートしたリクルートは就職情報誌、結婚情報誌、住宅情報誌で事業を拡大した。転機は2012年。その年、新社長に就任した峰岸真澄氏は...

2019年12月11日 09:25

中国経済新聞に学ぶ~中国企業への就職を目指す日本人学生が増加NEW!

 中国企業が日本の大学卒業者の間で人気を集め、就職活動中の日本人学生で中国企業に目を向ける人がますます増えている。規模の大きさと成長の可能性の大きさが、中国企業のもつ...

2019年12月11日 07:00

俵山トンネルルート全線開通 大詰め迎える阿蘇のインフラ復旧(前)NEW!

 熊本地震発災から3年以上が経過した。阿蘇大橋の落橋、斜面崩壊により、道路やJRが寸断されるなどのインフラ被害が出た阿蘇大橋地区では、国土交通省が主体となり、復旧作業...

2019年12月11日 07:00

撤退戦の様相を呈すレオパレスの懐事情(後)NEW!

 19年10月末の入居率は79.49%(管理戸数57万5,708戸、契約戸数45万7,644戸)と前月比0.58ポイント低下、前年同月比では7.75ポイント低下と、入...

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(18)〜茶番の名誉顧問会か?

 既報の通り、2019年12月9日にライオンズクラブ(以下LC)337-A地区の「名誉顧問会」が開催された(開催場所不詳)。LCの名誉顧問会とは、現ガバナーが任命した...

2019年12月10日 17:01

まちかど風景・西区~旧マルタイ本社側にマンション

 福岡市西区周船寺3丁目、旧マルタイ本社・福岡工場跡地側にマンションが建設される。計画されているのは「(仮称)ブレス周船寺新築工事」で、建築物の概要は、RC造の地上1...

2019年12月10日 16:37

福岡クリスマスマーケット主催者 (株)サエキジャパン・佐伯岳大社長 インタビュー

  福岡クリスマスマーケットの主催者である(株)サエキジャパンの佐伯岳大社長に、各会場の特徴や、今後の意気込みなどを聞きました...

2019年12月10日 16:12

【パチンカー代の『釘読み』】マルハン、20年3月期中間決算は減収増益

 全国でパチンコホール「マルハン」を300店舗以上展開する(株)マルハンが2020年3月期中間決算(連結)を発表した。

2019年12月10日 15:03

【凡学一生のやさしい法律学】さくら疑獄事件(7)

 筆者は「桜を見る会」の不適切者招待について、安倍晋三首相の刑事責任は問えないとしましたが、読者から公職選挙法の供応接待罪(同法221条1項)に当たるのではないかとの...

pagetop